父が遺したメモから。

 
 僕の父が、今年一月に亡くなりました。約二年間のガンとの闘病のすえ、あと一ヶ月すれば七十二歳の誕生日というところでした。
 とくに病気が発見されてから、昔の思い出のようなものをメモに書くようにお願いをしていました。生来、何かを書き記したり、記録・保管したりすることは好きなほうでしたので、それほどの分量ではありませんが、いくつか、書いてくれました。
 そのうちの一つを紹介します。この一編だけは個人的な内容ではなく、とても一般的な内容です。ここに掲載することも意味があるかもしれません。とくに一番最後の段落は、これからの日本を生きる人達へのメッセージとなっています。

*     *     *

 私の生まれたのは昭和21年2月。終戦から約半年のち。
 終戦後は人々の緊張も解けた一方、社会は混乱・混沌とした最悪の状況だった時代。それからの戦後の日本の歩みを生きてきたことになる。
 昭和25年、朝鮮戦争が勃発し、日本は特需景気でよみがえったといわれる。
 昭和34年、皇太子(現天皇)の御成婚(結婚式)で、白黒テレビが急速に各家庭に普及した。我が家も同様。
 昭和36年(高校入学の年)、池田勇人内閣が所得倍増計画を発表。
 昭和39年(大学入学の年)、東京オリンピック開催(10月10日)、新幹線開通(10月1日)、名神高速道路開通で世界にも戦後復興を宣言した。
 昭和43年(大学卒業の頃)に不景気(景気減退)にみまわれ、昭和45年(大学院終了の年)、大阪万博(日本万国博)がひらかれて「進歩と調和」がテーマとされた。背景には急速な経済発展による公害などの社会問題(国際的にはベトナム戦争、東西対立等)が無視できなくなってきたことがある。
 その後オイルショック、第二次オイルショックを経験し、低成長(安定成長)時代が続いている。

 当然、我が家の暮らしも大きく変わってしまった。小学校のとき母に言われたのは、
 「我が家は貧乏やから」
 「(ものがほしいと)上をみたらキリがない。我慢しなさい」
だったように思う。
 小学校の給食は脱脂粉乳(だっしふんにゅう:米軍からの援助品)のミルクだったが、こどもの栄養問題から我が家でも牛乳をとることになった。毎日一本届けてもらい、こども三人で三分の一ずつ分けて飲んだ。当時は卵も貴重品で、卵焼きはごちそうだった。ご飯は麦飯で(割合は不明)、中学に入って給食がなくなり弁当をもっていくようになった時も麦飯だった。これが恥ずかしかった。ということは、他の人は麦飯でない人が多かったのだろう。麦飯は栄養を考えてのことではなく、やはり「節約」という母の強い考えだった。ぜいたくは禁物だ。
 小学校の社会科で教えられた重要なことでいつまでも心に残っているのは、《日本は資源のない国。だから原材料を輸入し加工して(付加価値をつけて)輸出してお金をかせぐという加工貿易の国である》ということ。これは基本的には今も変わっていない。同じことを今は「日本は技術立国」と言い換えている。これは日本の技術が優れていると自慢しているのだと受け取られる風があるが、真の意味は、「(加工の、付加価値をつける)技術がなければ日本は生きていけない」という意味なのだ。ところが、技術は日本人だけにあるものではなく、だれでも修得できる。後進国と言われる国も同じ立場で技術修得に必死になっている。日本は今後はどういう方向で日本の基盤を成り立たせるのか求められている。日本の今の繁栄の根拠が序々に薄れていっているのだ。
(中田智 2016年11月28日記す)
 


米仏英軍がシリアへの空爆を開始

 
シリアへの空爆が開始されたと報じられました。
僕はこのように考えています。

①アサド政権は、自国民に対する恐ろしい虐殺を行っている。
②アメリカ・フランス・イギリスのシリア攻撃は、侵略行為である。
③トランプ大統領の支持率をあげるために空爆している。
④アサド政権が倒れたとしても、イラクのように長期化するのではないか。

いま、上記をふまえて、いち庶民である僕の本分とは何でしょうか?
それは、
 アサドやロシアの恐ろしい虐殺に反対すること。
 米仏英による攻撃にも反対すること。
 日本政府に対しては、両方どちらも支持しないように訴えること。
 もちろん、自衛隊の海外派遣には断固として反対しなくてはならない。

これが、平和を望むいち庶民としての僕の本分であると思う。
「アメリカかロシアか」ではなく、「戦争か平和か」「武力行使か政治的解決か」ということ。
シリアの状況は凄惨を極めると聞きます。
それでもなお、戦闘に賛成してはいけない。

「極悪人のつくる素晴らしい音楽」

 

 高校生のときに読んだ本なのですが、五木寛之の小説で『青年は荒野を目指す』(1967年)というのがありました。
 青年がトランペットを片手に世界中を旅する。さまざまな体験や出会いを経て、ひとりの音楽家、ひとりの人間として成長してゆく物語です。
 この小説のなかで、主人公があるものに出くわして真剣に悩むエピソードがでてきます。それは、《ナチスの将校が描いた、ものすごく美しい絵》というものです。(うろ覚えですので詳細が違っていたらご容赦ください。)
 高校生だった当時から今にいたるまで答えは出ていませんが、僕も、いまだにしょっちゅう考えているのですが。

  極悪人であっても素晴らしい芸術を生むことはできるのか?
  (善人でなければ人を感動させることはできないのか?)
  作品が、それの持つ意味や制作背景やメッセージを超えて、「ただ美しい」ということは可能なのか?

 という問いです。

 僕の知りたいのは、「作者の人がら」「制作された文脈」「作者が意図したメッセージ」などを越えて、芸術表現の価値が存在しうるものなのか、それとも、そういった「意味」そのものが表現と考えるべきなのか。
 自分で書いていてアタマがしっちゃかめっちゃかですが。
 ・・・はっきり言いまして、僕なんかにはよく分かりません。難しいです。まあ、われながら「美」なんて云ってみても胡散臭くて仕方がありません。
 その五木寛之の本、ちかいうちに読み直してみようかなと思っています。

 今日のところは、話が長くなるんで、どうせ文才も時間もないので、スッ飛ばして僕なりの、いまのところの結論だけ書きます。
 僕は次のように考えています。

  ・音楽の能力があれば、人に快感をあたえることは可能。
  その快感と、作品が素晴らしいかどうかは、かならずしも繋がらない。
  ・なにかしら邪悪な意義をもちつつも、音楽の力で人に快感を与えるとは可能。それどころか、とても容易。
  ・もちろん、その場合、作品としては〈素晴らしくない〉ということになる。
  ・また、物理的な快感をまったく感じさせない音楽であっても、素晴らしい意義をもたせることは可能。
  ・その場合は、作品としては、〈素晴らしい作品〉となるだろう。

 しかし、こうなってくると、「じゃあ、音楽(空気の振動を利用した時間の芸術)なんて存在理由ないやん」ということになりかねない。
 しかしそれは、そんなことは無いと僕は思う。
 音楽的に優れていて、かつ素晴らしい意義を持っているものをつくるように努力すれば良いのだろうと思う。
 そうして、最終的なところでは、音楽の力というものと、作品のもつ力というものは結び付くのだろうと予想される。そう、そこにたどり着いたら良いのだ。
 たどり着ける気はしませんが、まあ理屈としてはたぶんそういうことなのでしょう。




国に向けて私たちが言うべきことは一つ。
「自分がつくったルールを守れ!」ということです。
中国やソ連のような一党独裁主義の国であれば、このような違法な裁判所命令も理解できるのかもしれません。
そういった国では自由を保障する憲法が無いのですから、合衆国修正憲法第一条が保障しているような自由が否定されたとしても理解できるかもしれません。
しかし、どこかで、私は読みましたよ、「集会の自由」について。
どこかで、私は読みましたよ、「言論の自由」について。
どこかで、私は読みましたよ、「出版の自由」について。
どこかで、私は読みましたよ、「《権利を請願する
権利》こそ、アメリカ合衆国の偉大さである」と。
警察犬であっても放水であっても私たちの行進を止めることは出来ません。それと同じことです。
いかなる裁判所命令も、私たちの歩みを止めることは出来ないのです!

(中略)

さて、これからどうなるか、分かりません。
困難の日々が待ち受けていることでしょう。
しかし、私に限っていえば、もう動じることもありません。
なぜなら、私は山の頂上に行ってきたのですから。

もう案じることはありません。
私だって長生きしてみたいと思います。皆さんと同じです。
長生きするのも大事だと思います。
しかし、もはやそれも気にする必要がなくなりました。
ただ、神の御心にしたがうまでです。
神は、その山に登ることをお許しになったのです。
そして私は山から見おろしました。
そして見たのです、〈約束の地〉を。

皆さんと一緒に行くことは、もう無理かもしれません。
しかし、今晩みなさん知ってください、人民としての私たちは必ずや〈約束の地〉に辿り着くということを!

ですから、今宵とても幸せを感じています。
私には、もう何も心配することなどありません。
私には、もう誰も恐れる人などいません。
この眼で、主の降臨の栄光を見たのですから!



All we say to America is, "Be true to what you said on paper."
If I lived in China or even Russia, or any totalitarian country, maybe I could understand some of these illegal injunctions. Maybe I could understand the denial of certain basic First Amendment privileges because they hadn't committed themselves to that over there.
But somewhere I read of the freedom of assembly.
Somewhere I read of the freedom of speech.
Somewhere I read of the freedom of press.
Somewhere I read that the greatness of America is the right to protest for right.
And so just as I say, we aren't going to let dogs or water hoses turn us around, we aren't going to let any injunction turn us around!

Well, I don't know what will happen now. We've got some difficult days ahead. But it really doesn't matter with me now because I've been to the mountaintop.
I don't mind.
Like anybody, I would like to live a long life. Longevity has its place.
But I'm not concerned about that now.
I just want to do God's will.
And He's allowed me to go up to the mountain, and I've looked over.
And I've seen the Promised Land.
I may not get there with you, but I want you to know tonight, that we as a people will get to the promised land!

And so I'm happy, tonight.
I'm not worried about anything.
I'm not fearing any man.
My eyes have seen the glory of the coming of the Lord!

オトリとしての「憲法改正草案」

 
自民党による「憲法改正草案」というものが2012年に発表されました。
いまから六年前になります。

これを読んだときには、あまりの無茶苦茶ぶりに驚愕したものです。
僕なんかのような、憲法に詳しくない人、法に詳しくない人、誰が読んだって、オカシイことだらけのシロモノでした。

僕たち一人ひとりのことを大事にせず、国全体のことを大事にする。
自由や人権を、可能なかぎり制限する。
家族のありかたを規定する。(これは危険な考え方。なぜかというと、国が真剣にとりくまなければならない福祉や教育などを、なんでも家族のありかたのせいにして誤摩化すことが可能になるから。国家主義的なイデオロギーを植えこみやすくなるから。家族のありかたは、国が云々することではない。)

こんなバカバカしい、しかも日本語もあやふやな「憲法草案」を発表する自民党とは如何なる人達だろう?ーーーと不思議でなりませんでした。

それで、多くの人が怒りましたし、たくさんの本もでました。
僕も、そんなことをブログで書いたりしました。
野党議員もこれについて厳しく安倍首相たちを問いただしたのですが、のらりくらりとかわされました。

それから六年が経ちました。
・・・今となっては、これは全く、実は僕たちが間違っていたことが明白になったのではないかと考えているのです。
僕たちは、騙されていたのだ。

この憲法改正草案は、2012年、つまり民主党が第一党となって自民党が下野していたときに作られたもので、なんの責任も伴わない、これは「おとり」「サンドバッグ」だったのだと思う。
元々こんな草案を押し通す気など無かったのだ。
臆面なく、極端な国粋主義を打ち出したオトリを掲げることによって、むしろ自民党の求心力は増大したのだった。
リベラルはどうせ自民党を応援しないのだから、むしろ振り子を振り切ったほうが都合が良かったのだ。

自民党は返り咲き、特定秘密保護法、武器輸出解禁、安保関連法、共謀罪、カジノ法、民主党の瓦解など、いろんなことがありました。
僕には、かつてないほどの猛スピードで日本が悪い方向に向かっているようにしか見えません。
それを象徴しているのは、本屋に並ぶ、隣国のことをこれでもかというほど悪く書いた本。
「日本はスゴい!」などというテレビ番組も増えた。いまは日本の歴史上、もっともスゴくない時期なのに!

そうして、今週、自民党執行部のとりまとめで憲法改正案が決着したと報道されました。

憲法九条の二項維持がどうのこうの、自衛隊の明文化がどうのこうの、と言っています。
しかしその内容は、もはやどうでも良いのです。
(もちろん、自衛隊の明記なんてぜったいにアカンに決まっているのですが。)
何故なら、これは「お試し改憲」と言われているやつであって、「とりあえず一度でも改憲をすること」自体が彼らの目的だからです。
本当になんのこっちゃ分かりませんが、とにかく明治時代への郷愁というおかしな情念を持っている人達が存在していて、憲法の破壊を目論んでいます。その人達もアホではないので、十年や二〇年をかけて日本国憲法をぶっ壊そうとしていて、とりあえずの第一段階というわけです。
2012年の憲法改正草案は、実際の憲法改正の発議が「よりマシ」に見えるようにするためのオトリだったのだ。


いま、森友疑惑で国会が紛糾している安倍政権はもはや盤石でないかもしれません。それは良いニュースです。
でも、安倍首相などというものこそオトリに過ぎないのではないか。
安倍晋三なるものと2012年の憲法改正草案、この二つはどこか似ていないでしょうか。僕は似ているような気がしてなりません。


安倍政権が退陣しても、憲法改悪の流れはどんどん続くと思います。
憲法改正の発議は来るんじゃないかと思っています。
必死で、日本が崩れていくのを食い止めなければいけないと思います。

スライド13.jpg

スライド14.jpg

スライド15.jpg

スライド16.jpg

スライド17.jpg

スライド18.jpg

スライド19.jpg

スライド21.jpg

スライド20.jpg

スライド22.jpg

スライド23.jpg

2017年10月21日 ダイバーシティーナイト
場所:大阪 東梅田 DO WITH CAFE


(その2から つづき)
それでは、新しい試みをやってみたいと思います。
曲をかけてもらいますから、僕が、歌に合わせて、つくってきた翻訳のスライドをめくっていきます。
うまく、
歌詞のメッセージと音楽があわさって伝わると良いんですけれども。

曲は、スライ&ファミリーストーン、1968年発表の「EVERYDAY PEOPLE」です。

スライド06.jpg

この「Everyday」は、「毎日」という意味の名詞ではなく、「毎日の」つまり「普通の」という形容詞です。
〈それぞれ違うところはあっても、みんな同じフツーの人間なんだ〉という歌なんです。
それでは行ってみましょう。
1969年2月にビルボードPOPチャート1位、R&Bチャート1位の「EVERYDAY PEOPLE」です。
音楽おねがいします。

(歌詞のスライドをめくりながら音楽を聴く。)




7_pdfsam_ダイバーシティナイト.jpg
Sometimes I'm right and I can be wrong
My own beliefs are in my song
The butcher, the banker, the drummer and then
Makes no difference what group I'm in
I am everyday people!

8_pdfsam_ダイバーシティナイト.jpg
There is a blue one who can't accept the green one
For living with a fat one, trying to be a skinny one
Different strokes for different folks
So on and so on and scooby dooby doo
Woo sha sha. . .
We got to live together!

9_pdfsam_ダイバーシティナイト.jpg
I am no better and neither are you
We are the same whatever we do
You love me, you hate me, you know me and then
You can't figure out the bag I'm in
I am everyday people!

10_pdfsam_ダイバーシティナイト.jpg

There is a long hair that doesn't like the short hair
For being such a rich one, that will not help the poor one
Different strokes for different folks
And so on and so on and scooby dooby doo
Woo sha sha. . .
We got to live together!

11_pdfsam_ダイバーシティナイト.jpg
There is a yellow one that won't accept the black one
That won't accept the red one, that won't accept the white one
Different strokes for different folks
And so on and so on and scooby dooby dooby
Woo sha sha. . .
I am everyday people!


・・・はい。いかがでしたか。
ご覧になってどうでしたか? うまくメッセージは伝わったでしょうか?

(概ね、一同うなずいていただく。)

いましがた、この歌のなかに出てきんですが、このフレーズがものすごく有名なんです。
ほんとに、あちこちで引用されていますから、覚えておいてください。
スライがオリジナルだと思います。

スライド12.jpg
「ストローク」という言葉は「振り下ろす」とか、ひとつの動作をあらわす単語だと思います。この場合は「手で撫でる」という意味もあるそうです。
〈人種や民族が違えば、やりかたも色々ちがうでしょ〉
〈褒めどころも色々ちがうでしょ〉
ということだそうです。
"Different strokes for different folks."・・・これ、ぜひ覚えておいてください。

そんなわけでですね、さきほど言ったように、「ブラックは美しい」「黒人は武装せよ」という大改革が起こっている時代。
それから、いっぽう白人の側は、「もっと自由を!」「君と僕は違うんだ」とか言っている自由の時代。
その最中にあって、
「そんなもん、当たり前やろ〜! ケンカするな〜!」
というメッセージを発しているわけです。
ものすごいインパクトがあったというわけなんですね。

・・・それでは、スライはこのへんで終わりです。
つぎに、僕の専門であるジェイムズブラウンにいきます。
でも、時間がなくなってきましたね。
ちょっと急いでいきたいと思います。


(書き起こし、ここまで。)
(作成したスライドだけ、次ページその4に掲載しておきます。)


<<前のページへ 1234567891011

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30