各政党の僕の心象

 

毎回恒例(?)にて、各政党についての思い浮かんだことを、短く、つれづれに書きます。


自由民主党(自民党)★☆☆☆☆
戦後最悪の安倍政権。絵に描いたような戦前回帰ナショナリズム。
いまから「1930年代」が始まる。
星をゼロではなく一つにした理由は、のこりの別動隊をゼロにするため。


民進党★★★☆☆
「リベラルの受け皿」と思いたい。なかなかそうなっていないのだが。
しかし、市民(無党派層)が「自民よりマシ」として選べば、すこしずつ変わっていける、と信じたい。
〈有田芳生〉や〈大河原まさこ〉など応援している人も多い。
こういうのはどうだろうか?
たとえば音楽家と仲良くする。音楽業界と仲良くする。ナショナリズムに抗うリベラリズムの諸団体と仲良くする。芸術家、文化人、出版業界、大学など。そういうところから票を集められるようにする。素人考え。
そのために、文化人が、率先して投票先を公表する風潮をつくらねばと思う。


公明党(星評価なし)
創価学会による政党。自民党の補完政党。
もう何年経つのだろうか、党首討論でも、自民党と対抗する意見をほとんど聞いた記憶がない。「自民のブレーキ役」などというキャッチフレーズが懐かしい。
自民党の補完政党であるので、星の評価はありません。


日本共産党(共産党)★★★☆☆
「名前が悪い」と評価する向きも。しかし、市民が「共産党はダメ」と言うようでは、いつまでたっても日本に民主主義やリベラリズムは浸透しないのでは?
僕はかつての選挙では、だいたいの場合 社民党か共産党かどちらかに投票してきた。今回もそうするかもしれない。


おおさか維新の会★☆☆☆☆
自民党の補完勢力。
恐ろしい憲法改正の道への別動隊。ゆめゆめ心を許してはならない。
星がゼロでない理由は、それですとゼロばかりになってしまうから。


社会民主党(社民党)★★★★☆
「社会民主主義」を掲げ、〈憲法を守る〉ということを訴えている、もっとも良識派の政党。しかし現在は国会議員五人で政党要件ぎりぎり。
〈福島みずほ〉を応援している人は多い。


生活の党と山本太郎となかまたち(生活の党)★★★☆☆
これからどうなっていくのだろう。
政党要件5人を満たすのは厳しいのではないだろうか。
山本太郎の質問が見れなくなればさびしくなる。


日本のこころを大切にする党☆☆☆☆☆
極右政党。自民党の別動隊と理解。


新党改革☆☆☆☆☆
極右政党。自民党の別動隊。


国民怒りの新党★★★☆☆
勇気ある小林節氏による政党。


幸福実現党(星なし)
ポスターをみるたびに幸福でなく不安になる。
こちらも間違いなく自民の補完勢力。


支持政党なし(星なし)
これは届出時に拒否できないのでしょうか?
自民の補完勢力でしか有り得ないだろう。


いわゆる「2012年版 憲法改正草案」

 


自民党が2012年に作成した「憲法改正草案」は、自民党のホームページで読めます。

できればダウンロードしてプリントアウト、これは本当に、ぜひオススメします。


13517432_1391999300827324_5813594881111409846_o.jpg


① この「草案」に、どれほどアホなことが書いてあるか、ぜひ自分の目で確かめてください。

② 日本国憲法(本物のほう。草案じゃなくて)も併記してあるので読めます。

恥ずかしながら、今年、生まれて初めて通読しました。

猛省しています。感動しました。

デザインはダサいですが、本当に素晴らしいことが書いてあります。

第三章まででも良いですから、ぜひ読んでください。サクっと読めます。

ダウンロードまたはPDF閲覧はこちらです。http://bit.ly/292unPK


*    *    *


このような空恐ろしい草案、かつ日本語もおぼつかないような「草案」が臆面も無く発表されるとは、いかなる時代に僕たちは生きているのでしょうか。

三年前の参院選のとき、憲法改正という言葉はチラホラと聞こえていました。しかし、そのとき、2013年7月のブログに僕はこう書いています。


今回の争点は何だろう? 〝アベノミクス〟の正否、消費税増税、日中関係、、、。そういうものだと聞く。しかし「経済成長なんて、ほんまに必要あるんか?」と思う。景気が上向いても、国民所得が増えても、自殺者は減らない。おカネと幸せは本質的に関係ないのだ。「憲法改正」は「ギャグ」みたいなもんで争点ではない。


僕は「憲法改正」を〈ギャグ〉として一蹴していました。「憲法改正なぞ、安倍ごときにできるわけがない」「ネトウヨやヘイトスピーチなんてそのうち駆逐されるから心配ない」と考えていました。僕が学生だった二十年前には、「極右政治家なんて、そのうち消えて居なくなるだろう」と考えていました。その予測は、もののみごとに外れたのでした・・・。


なにとぞ、明日の投票にあたり、好き嫌いにかかわらず、憲法を守る政党に投票していただきたい。

改憲に反対する党とは:

民進党、共産党、社民党、生活の党、国民怒りの党、などです。

改憲勢力とは:

自由民主党、公明党、おおさか維新の会、新党改革、日本のこころ、などです。


明日、どこに投票するか?(東京)

 

【東京選挙区】


あらためて書きますが、これは戦後もっとも重要な国政選挙です。
(テレビでは、いつまでも都知事選の話題ばかりやっている。本当にもうオカシイ。)

 ・憲法改悪をなんとしても阻止する。
 ・「安保法制」の成立後初の国政選挙。
 ・経済政策の失敗を認めさせて退陣を求める。


東京選挙区は、6人区の大激戦です。
壊憲をもくろむ自民党、そしてその補完勢力おおさか維新、新党改革、こころなどを出来る限り排除しなくてはなりません。


13603503_1396206553739932_6957626459851366613_o.jpg


現在、1位蓮舫(民進)、2位中川(自民)、3位竹谷(公明)、4位山添(共産)と目されています。
のこり5位6位の二議席を、小川(民進)、朝日(自民)、田中(お維)の三人が熾烈に競い合っています。


これは何としても小川敏夫に一票を投じて護憲議席を獲得しなくてはならない。
民進党ハト派の代表的人物であり、実績・実力が売りの、実務肌の現職です。

安保法でのデモでも登壇したことは記憶にのこっています。


僕は神奈川県民ですが、もし東京で投票権があったならば、

小川敏夫に投票することにします。


それではみなさん、明日、投票所へ。

夜八時より早く閉まる投票所もあるとのことです(本当にオカシイ)。

気を付けてください。



(何か誤りなどがありましたらご一報ください。修正します。)

明日、どこに投票するか?(神奈川)

 
【神奈川選挙区】

僕は神奈川県民です。

4人区で大混戦区です。自民系二人、民進も二人出馬しています。

主な候補者(五十音順):

浅賀由香(共産、新、党県常任委員) 
金子洋一(民進、現、経済企画庁官僚出身)
中西健治(自民推薦、現、証券会社出身)
丹羽大(お維、新、広告代理店出身)
真山勇一(民進、元、日本テレビ出身)
三浦信祐(公明、新、元防衛大准教授)
三原じゅん子(自民、現、厚労委員長) 
森英夫(社民、新、看護師)
清水太一(こころ、新、元会社員)


13495618_1392002560826998_4570003575760312471_o.jpg

三原(自民)・三浦(公明)の二人は当選確実視されているようです。

残り二議席を、四人が激しく一列に争っていると報じられています。


最悪のパターンは、民進がとも倒れして、〈自公自維〉。これは避けて欲しい。
実際には、〈自公民自〉となる可能性は高いのではないか。
さすがに〈自公民民〉は無いだろう。
〈自公民共〉を狙うのが良い。

憲法改正阻止を願い、安部政権に一矢を報いるために最善の策として、
明日、僕は、共産・あさか由香に投票することにしています。



みなさん、明日は投票所へ行きましょう。
夜八時より早く閉まる投票所もあるそうです。ご注意ください。




(記事に明らかな誤りなどがある場合はご一報ください。訂正します。)

明日、どこに投票するか?(大阪府)

 
【大阪選挙区】

オーサカ=モノレールというバンドをやっている僕は、何をかくそう、大阪の出身です。
あちこち転々としていますが、最も思い入れが深いのは、池田市と枚方市です。
通算20年強を過ごしました。両親も大阪出身です。

大阪は4人区で激戦です。



13603620_1395550960472158_1814855496237878953_o.jpg

いまや大阪は、自民党の補完勢力・おおさか維新が、非常に強い場所となってしまいました。
先のダブル選挙でもおおさか維新が大勝して、優勢とされています。今回は二議席とるのではといわれています。

自民・公明・おおさか維新らがたくらむ憲法改悪を許さないために、日本を「いつか来た道」へ導かないためには、誰に投票したら良いでしょうか。

大阪には、本当に、いろんな事情や、過去や、それぞれの思いがあるだろうと思います。
しかしここは冷静に、すこしでも優勢とされている護憲候補を、最後まで諦めずに応援したいところ。

浅田(お維)・松川(自民)・石川(公明)の三人は確実視されています。
次に高木(お維)が有力とされている。

なんとか、4位を護憲勢力に獲得してほしい。

共産・わたなべ結(わたなべゆい)
民進・おだち源幸(おだちもとゆき)
の二人が激しく追っている。


もし僕が大阪府民であったら、わたなべ結に一票を投じます。


みなさん、明日はかならず投票を。
夜八時より早く閉まる投票所もあると聞きました。気を付けてください。




記事に明らかな誤りなどがあった場合はご一報ください。訂正します。
Photo by YY

明日、どこに投票するか?(奈良県)

 
【奈良選挙区】

明日・日曜日は、戦後70年で最重要といえる国政選挙です。
必ず投票に行きましょう。

僕は生まれは大阪なのですが、小学校三年生から中学・高校と、奈良県の生駒郡平群(へぐり)町というところで育ちました。
二十歳くらいになってまた大阪府民に戻りました。

どうでもよいことですが、これは「へぐり」(高低低)と読みます。
大阪の人とかは「へぐり」(低高低)といいますが。
いちおうコダワリです。

奈良選挙区は一人区。


13613148_1395527897141131_1619690402694409036_o.jpg

佐藤(新人・自民)が優位で、前川(現職・民進)が激しく追っていると伝えられています。

もし僕が今も奈良県民であったら、迷うところなく、


 ・集団的自衛権の行使に強く反対する

 ・憲法の平和主義を貫く

 ・企業献金を受け取らない


と訴えている前川きよしげに投票します。


みなさん、明日はかならず投票所へ。
夜八時より早く閉まる投票所もあると聞きました。気をつけてください。




記事に明らかな誤りなどがあった場合はご一報ください。訂正します。
Photo by NoGht

7月10日参議院選挙にあたって

 
政治家は「国を守る」というようなことを言います。
昨年2015年は、「国を守る」というフレーズをめぐって大激論が起きた一年でした。

一番の問題は、「国を守る」の「国」のなかに、僕は含まれていないであろうということです。
もちろんアナタも含まれていません。
家族や子供たちも、含まれていません。
信じられないかもしれないけれど本当です。
「国」というのは国民のことではなく、国家体制(政治体制や官僚機構)や領土を指しています。

たとえばベトナム戦争を見ればわかります。
北ベトナムへの爆撃の理由は「共産勢力の拡大を防ぐ」でした。
アメリカとベトナムなんて関係ないのに。
「ソ連が南下したらアメリカの威信に傷がつく」
それが「国を守る」です。
何故だか遠方のベトナムで、米兵数万人が死んだのです。
(ベトナム人は数百万人。)

たとえば太平洋戦争も同じです。
なぜ大きな太平洋を挟んだアメリカを相手に戦争する必要があったのだろう?
アメリカが攻めて来たわけでもないのに。
日米開戦の理由は、
「いつまで経っても中国に勝てないので、物資ルートを断つためと称して東南アジアに進軍した」
これにより日米関係が悪化し、外交で失敗して開戦になりました。
これを「国を守る」と呼んだのです。
日米戦争により、日本人は数百万人が死にました。


いま、また同じ過ち「国を守る」が繰り返されようとしています。


何故そのような非情なことが起こってしまうのだろう?
端的には、
・支持率をあげたい内閣
・チヤホヤされたい政治家
・視聴率をかせぎたいテレビ局(発行部数を増やしたい新聞)
・問題を大きくして予算を増やしたい省庁
・戦時に乗じて、商機を見いだす民間人
・気運に乗じて、影響力を拡大しようとするオジサン
などが元凶となります。

個々の欲望や感情が、組織やカネなどを媒体として〈増幅〉されることによって、戦争へ加速していきます。
(いまそれが進行中ということ。)

*     *     *

国家の暴走を防ぐために何をすれば良いでしょうか。

それには、僕たち一人ひとりが、市民として考えて、行動しなければならない。

僕たち市民が直接的に政治を行い、国家を操縦しなければならない。

・国家は暴走する。いま暴走している。
・僕たち市民は、国家の一部ではない。
・国家というのは、僕たちの一部なのだ。

〈市民〉と〈国家〉をごっちゃにしない。
もちろん〈日本文化〉や〈祖国〉と、〈国家〉もごっちゃにしてはいけない。

市民は政治に参加して、国家のハンドルを握っているのは僕たちだということを実感しよう。
そして、そのことを〈国家さん〉に理解してもらわないといけない。

7月10日は、戦後七十年でもっとも大事な国政選挙です。

それは与党およびその補完勢力が、三分の二議席を獲得して、憲法改正を発議しようとしているからです。

残念ながら、現代は「崩壊の時代」であると認識しています。
次のステップ「狂気の時代」に突入する前に、
最も有効な一票は何か。
一人ひとりが冷静に考え、行動しましょう。
残り二週間 頑張りましょう。
<<前のページへ 1516171819202122232425

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ