憲法記念日に

 
いま、日本に必要なことは、憲法をないがしろにする三流政治家から国をまもるために、いまこそ「憲法をひろめる」「憲法を学ぶ」ことやと思います。

日本国憲法というのは、本当にありがたいものです。こんなに良い憲法を持っている国はそう多くありません。
憲法の前文、9条、11条、13条、21条などはとくにサイコーなのです。
これよりええもんがこの世にあるなら教えてください。ほんまに。(そのことはまた書く!)

安倍首相の主導による「改憲」が言語道断であるのは言うまでもありませんが、それだけでなく、
「しっかり議論することは良いことだ」とか、「もっと平和な憲法をつくるなら改憲もアリ」とか、「自衛隊を合憲にすることは必要かも」などという意見に対して、僕は、「それも絶対アカンって〜!」と強く主張します。
あの安倍首相率いる自民党とその補完勢力が国会の七割も占めている今の日本で、どう転んだって、より良い憲法ができる可能性など万に一つもありません。

もし僕が真面目な顔をして、
「サンタクロースは居るか居ないか?」「いるとしたらどんな顔をしているか?」
「みんなで話し合いましょう。話し合うのは大事です」
なんて言ったら僕はアホだと思われるでしょう。
つまり、存在しないものを、存在しうるかのように言うのは馬鹿げています。
現在の国会によって「より平和な憲法」とか「より国民のための憲法」へ変わる可能性はゼロです。
いま国民が改憲のことを話し合うのはまったくのナンセンスです。

もっと現実を見ないといけないと思います。
現実とは、「安倍内閣のブレーキは何もない」「アメリカから戦争を手伝えと言われている」です。
そして「世界は排外主義に向かっている」です。
いま求められているのは、憲法を議論することでも、むろん変えることもなく、それを学ぶことや、その素晴らしさを世にひろめていくことでしょう。



EVERYDAY PEOPLE by SLY & THE FAMILY STONE, 1968



(スライ)
僕が本当に正しいかどうかなんて
そんなことは分からないけど
自分の信じることを歌にして届けるよ
お肉屋さん 銀行屋さん バンドマン・・・
職業なんて関係ないさ
僕も みんなと同じ普通の人間なんだ!

(ローズ)
ブルーな子とハッピーな子がおりまして
そのブルーな子が ハッピーな子を妬んでるんです
そのハッピーなほうには 恋人がおりまして
その恋人は 太り気味なんです
その太り気味の子は 痩せてる子を羨んでるです。
・・・いろんな人がいて それぞれ長所もいろいろなんだから
 ああでもないとか こうでもないとか
 ワンワンとか ニャーニャーとか
とにかく ケンカせずに生きていかなきゃ!

(スライ)
僕は君より優っていない
君も僕より優っていない
君も僕も誰でも 同じなんだよ
僕のファンの人 僕のこと嫌いな人
僕たちの音楽を聴いたことある人 聴いたことない人
でも結局 僕の頭の中までは誰も分からないでしょ?
僕も みんなと同じ普通の人間なんだ!

(ローズ)
髪の長い人(若者)がおりまして
髪の短い人(年配者)と仲よくできないんです
髪の長いほうが言うことには
髪の短いほうは おカネを持ってる人達なわけで
持ってる人達は 持ってない人達を助けるべきなわけで
貧しい人達は まだまだ助けてもらえていないわけで。
・・・いろんな人がいて それぞれ長所もいろいろなんだから
 ああでもないとか こうでもないとか
 ワンワンとか ニャーニャーとか
とにかく ケンカせずに生きていかなきゃ!

(ローズ)
黄色い人がおりまして
黄色い人は 黒い人を嫌ってるんです
その黒い人は 赤い人を嫌ってるんです
その赤い人は 白い人を嫌ってるんです。
・・・いろんな人がいて それぞれ生き方もいろいろなんだから
 ああでもないとか こうでもないとか
 ワンワンとか ニャーニャーとか
とにかく みんな普通の人間なんだ!


Sometimes I'm right and I can be wrong
My own beliefs are in my song
The butcher, the banker, the drummer and then
Makes no difference what group I'm in
I am everyday people!

There is a blue one who can't accept the green one
For living with a fat one, trying to be a skinny one
Different strokes for different folks
So on and so on and scooby dooby dooby
Woo sha sha. . .
We got to live together!

I am no better and neither are you
We are the same whatever we do
You love me, you hate me, you know me and then
You can't figure out the bag I'm in
I am everyday people!

There is a long hair that doesn't like the short hair
For being such a rich one, that will not help the poor one
Different strokes for different folks
And so on and so on and scooby dooby dooby
Woo sha sha. . .
We got to live together!

There is a yellow one that won't accept the black one
That won't accept the red one, that won't accept the white one
Different strokes for different folks
And so on and so on and scooby dooby dooby
Woo sha sha. . . 
I am everyday people!

もうすぐ選挙か

 
いまの日本では、平和、福祉、護憲、格差是正といったことを訴えても、なかなか票につながらないのだろう。だから、与野党ともに、この程度の政治でしかないんだろう。
たとえば、脱原発を訴えても票につながらないという現実があるから、組織票に頼らざるをえない民進党は「いますぐ脱原発」さえも打ち出せないんだろう。

「ちゃんとしたメッセージを掲げる政党には、ちゃんと票が集まる」・・・そういう状態を有権者の側からつくることが一番大事なんじゃないだろうか。

総選挙はいつになるのだろう?

選挙がきたら、僕は民進党や共産党を応援しようと思います。

たしかに、特に民進は本当に情けない。
「脱原発」さえハッキリ打ち出せない。こともあろうに「改憲私案」を発表する者も。森友問題では安倍退陣どころか大臣辞任さえ引き出せないようです。幹事長の椅子にいるのは「不退転の決意」で消費税増税をやった者だ。

・・・しかしそれでも、結局のところ、民進らによる野党共闘を応援するのが最善の道であることは疑いの余地がないのだ

「ちゃんと応援するから、ちゃんとやれ」という意味。

「ちゃんとするまで、応援してやらない」では効果がない。

(いままでの日本は、ほとんど誰も、どの政党をも応援していないようなものだった。それでは何も生まれない。)

民進への要望。
リベラルや穏健保守であれば誰もが応援したくなるような候補をたててください。

抱えている問題を一つずつクリアして政権交代を目指してください。

政局にとらわれないで、時間がかかっても良いから、いったんは議席が減っても良いから、「リベラル政党」を目指してください。


ちゅうわけで、結論はいつもと同じで・・・選挙では「最もマシなところを応援しよう」。
ほんまに。それしかないのと思うのだ。

大西巨人の言葉

 

IMG_7453.JPG

《問題を書くべきだと思いますね。
問題の、解決じゃないですよ、解決なら尚いいけど。まずは、在る問題の提起を。
その問題点を追求するようなものが欲しいですね。
今です。今こそ、と言うてもいい。》

大西巨人 
NHK『あの人に会いたい 』2015年8月29日放送より



そう、これこそ、まさに僕の知りたかったことだった!
小説『神聖喜劇』で知られる大西巨人。「(作家は)問題を書け」と言っている。問題の解決まで書かなくともよいから、いちばん大事な問題を取り上げて、そこに踏み込んで書けと言っている。

僕は作家でもなんでもないけれど、それでも同じことだろう。誰かと何かの会話をするとき、ブログを書くとき。そして、音楽をつくるときも。

「じゃあどうするの?」「どうすることもできない」などといって、解決方法が見つかるまで沈黙していては駄目なのだ。十分に分析が終わるまで敬遠していては駄目なのだ。

それでは、現代の日本や世界におこっているいちばん大事な問題とは何だろう。それは「あらゆるものが崩れ落ちていっている」ということではないかと思う。
あの、平和主義を掲げていたはずの日本が、武器を輸出したり、自衛隊が海外の戦闘地へ赴く。
まったくジョークとしか思えないような人物が日本の総理大臣になったりアメリカの大統領になったりする。
おまけに「(ナチス憲法成立の)あの手口を学んだらどうかね」が「副総理」だ。(そもそも、その謎のポストって一体なに......? 「副総理大臣」?)
直近では、「教育勅語を否定しない」の閣議決定。

「崩壊の時代」と言われている。しかし、なぜ崩壊がはじまったのか、どうしたらその崩壊を食い止めることができるのか、僕には分からない。それでも、とにかく、みんなで「その問題性を問題にしつづける」ということが何よりも大事なのだ。ほんま、当たり前のことだけど。

むのたけじの言葉

 
16865168_1668486943178557_4635397237297099805_n.jpg

《......だからあなた方に言いたいのだけれど、戦争状態になると、放送局や新聞社に対して、軍部の憲兵らが来て脅して「こういう風にしなさい」......そういうのは一切ありません。やらなかった。軍人は、だまーって、門から入ってきたことない。
だけど、こっちがもう駄目になっちゃうの。「こういうことをやると怒られるだろう」と。自主規制というやつね。自分たちで縮こんじゃうの。》

むのたけじ
NHK『あの人に会いたい』2017/2/18放送より


Wake Up Everybody by Harold Melvin & the Blue Notes, 1975


みんな目を覚まして
布団から出てきてよ
後向き思考はやめて 前向き思考をはじめようよ
時代はまるで変わってしまった
これまでの住み慣れた世界じゃない
憎しみ 戦争 貧困であふれている

学校の先生たち 目を覚まして
いままでと違う授業をしてみてよ
そうすれば子供たちは耳を傾けてくれるかも
彼らこそ未来の担い手 すべて子供達にかかっているから
持てるかぎりの力で教えてあげて

 この世界は 放っておいても良くならないんだ
 それじゃあダメダメ
 この世界は このままじゃあ良くならないんだ
 変えていこう 君と僕とで

お医者さんたち 目を覚まして
お年寄りを健康にしてあげてよ
お年寄りこそ 社会のしわ寄せがきて苦しむ人達
〈審判の日〉まで先が長くないのだから
幸せに人生を終えられるようにしてあげよう

大工さんたち 目を覚まして
理想の町を建てようよ
一人一人が手を貸しあえば きっと出来る
それぞれがしっかり信じさえすればいいのさ
きっとうまくいくよ

 この世界は 放っておいても良くならないんだ
 それじゃあダメダメ
 この世界は このままじゃあ良くならないんだ
 変えていこう 君と僕とで

変えていこう
変えていこう
君と僕とで

変えていこう
変えていこう
一人じゃ無理だよ

みんなの力が必要だ
一人じゃ無理だよ


Wake up everybody, no more sleeping in bed

No more backward thinking, time for thinking ahead

The world has changed so very much from what it used to be

There is so much hatred, war and poverty.


Wake up all the teachers, time to teach a new way

Maybe then they'll listen to what you have to say

They're the ones who's coming up and the world is in their hands

When you teach the children teach them the very best you can.

The world won't get no better if we just let it be

No, no, no, no, no, no
The world won't get no better
We gotta change it yeah just you and me.

Wake up all the doctors, make the old people well

They're the ones who suffer and who catch all the hell

But they don't have so very long before the Judgment Day

So won't you make them happy before they pass away.


Wake up all the builders, time to build a new land

I know we can do it if we all lend a hand

The only thing we have to do is to put it in our mind

Surely things will work out, they do it every time.

The world won't get no better if we just let it be

No, no, no, no, no, no
The world won't get no better
We gotta change it yeah, just you and me.

Change it yeah
Change it yeah
Just you and me


Change it yeah
Change it yeah
Can't do it alone

Need some help y'all

Can't do it alone


カジノのどこが問題なのか(その3)

 
 ドナルドトランプが1990年頃、ニュージャージー州アトランティックシティーでカジノの経営に失敗したことについてのニューズウィーク日本版の記事より抜粋。



 カジノに集まる富は3万9000人の住民を潤さなかった。今でも失業率は全米10位、住宅の差し押さえ率は全米1位だ。
(中略)
 この街にトランプをはじめとするカジノ業者が集まったのは、76年に州議会が同市に限定してギャンブルを合法化してからのこと。政治家はカジノ収益を州内の学校や道路の整備にあてると約束した。あの頃ギャンブルを認めていたのは西部のネバダ州だけで、アトランティックシティーは人口が多い北東部の大都市から近距離にあった。
(中略)
 景気のよかった時代、カジノ産業で働く人たちには家族も含めた医療保険があり、退職金も当てにできた。だがトランプ以外にも倒産する会社が続出し、安定は失われた。
 昨年には数週間で6000人が解雇され、年間の失業者は約1万人となった。連邦政府は緊急の就職斡旋基金に3000万ドル近くをつぎ込み、ニュージャージー州政府は失業者の救済と職探しのための特別支援センターを設立した。「失業者の増加はトランプの責任と言いたいくらいだ」と元市長のウィーランは言う。
(中略)
 どこでもそうだが、トランプのカジノもラスベガスをモデルに建てられている。窓のない洞窟のような空間にスロットマシンやギャンブル台が並ぶ。エスカレーターで入りやすいが、出口はなかなか見つからない。カーペット敷きの床をあらゆる方向に何百メートル歩いても日光を見ることはない。市内の観光名所や水族館、地元のレストランなどを紹介したパンフレットもない。なんだか気味の悪い世界だ。
 すべては顧客をカジノに閉じ込め、ギャンブルを続けさせるため。地域経済に及ぼすカジノ産業の影響を研究するリチャード・ストックトン大学の経済学教授エレン・ムタリに言わせれば「要するに巨大な箱」だ。「つまり『ここにいなさい、ちゃんと面倒見てあげるから』ということ。地域の産業にプラスの効果はほとんどない」
(ニューズウィーク日本版2016年11月22日号より)

*     *     *

カジノは「経済効果」さえ生まない。
大阪にカジノをつくらせてはいけない。
以上。簡単。

(おわり)

<<前のページへ 1112131415161718192021

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ