マーサ・ハイ物語(第一回)


マーサ・ハイの来日を記念して、このブログでじっくりと彼女の経歴を紹介していきたいと思います。
せっかく書くのですから、世界中でどの記事よりも一番詳しく、できるだけ分かりやすく紹介したいと思います。
パワフルな歌声と美しいハイトーンを持つ、JBファミリーのスーパーシンガー、マーサ・ハイ。ジェイムズブラウンの一座で通算32年、メイシオパーカーのバンドで15年、そして何よりR&B/SOUL/FUNK界のプロ歌手として52年という、ファンク歌姫としての彼女の輝かしいSOUL/FUNKヒストリーです。

Martha-High_04022017_NB_01.jpg
まず、第一回目は大まかな紹介を。
マーサハイは、本名メアリー・マーサ・ハーヴィンといいます。1945年1月9日にワシントンDCに生まれ、そこで育ちました。
再来日する今年は72歳です。(年齢のことを言うのもはばかられるのですが、まあ、ほとんどの人から、必ずといってよいほど訊かれますので。)でも、本当にその年齢に見えるか聴こえるか、ぜひ楽しみにしていてください! 実のところ、「元気な60歳」くらいにしか思えません。

 マーサ・ハイのもっとも知られた功績としては、ジェイムズブラウンのバックコーラス歌手としての活動です。
 JBショーには、1960年代から実に通算32年間も在籍したのです。この記録は、司会のダニーレイを除けば、歴代トップでしょう。何十人もいる(もしかしたら百人を超えるかもしれません)JB関連のミュージシャンのなかで一番というのはスゴいことです。

JB代表曲のひとつ「THE PAYBACK」(1973年)や「Make It Funky」(1972年)「Ain't That a Groove」(1967年)などでの印象的なバックコーラスはマーサが担当しています。とくに、ゴールドディクアルバム『THE PAYBACK』のほうでは、ほぼ全編にわたってマーサのバックコーラスが聴かれます。
 70年代、80年代のライブでは一人でJBをバックアップしていますし、90年代にはビタースイーツのリーダーとしてステージに立っています。

martha_7.jpg
martha_1.jpg
 ところが、マーサは、ソウル業界用語(?)でいうところの〈フィーチャードシンガー〉としての経歴は少なく、彼女自身のシングルもアルバムは数少なくて、すべてバックコーラスとしての仕事なのです。ですから、リンコリンズやヴィッキーアンダーソンやマーヴァホイットニーほどには、名前が世界に知られてこなかったのです。本当は、「同じ釜の飯」で同じJBプロダクションズ仲間・・・なんですが。
 というのも、実のところそれには理由があって、・・・それは追って書きます。JBファンの間では、よく知られたことなんですが。

 マーサのソロアルバムは、JBプロダクションの下では一枚だけです。1979年、サルソウルレコードと契約したブラウンが、トミースチュアート制作でつくったアルバム『Martha High』です。

61b30Zn9sWL._SY355_.jpg このアルバムは、ディスコ/ブギーのサウンドが再評価されて、つい2015年に初CD化されました。

 マーサのソロアルバムはもちろんこれだけではないのです。
 とくにヨーロッパで人気が高くて、この10年はあちこちから招待を受けて、アルバムを制作しています。2016年のアルバムはこちら、イタリアのプロデューサー、ルカ・サピオの手による『Singing For The Good Times』です。

0007108310_10.jpg


 もちろん、50年以上にわたるマーサの活躍はこれだけではありません。これの前にもあるし、この後にもたくさんあるのです。
 その詳しい経歴を、次回からお話ししたいと思います。
 ソウルファン/JBファンの方には、とくに楽しんでいただけるのではないでしょうか。 また、ハードコアなJBファンでない方々にも、わかりやすくお話ししてみたいと思います。

その2へつづく

A CHANGE IS GONNA COME(サムクック 1964年)

 
A CHANGE IS GONNA COME by Sam Cooke, 1964




僕が生まれたのは
川沿いの 小さなテントだった
まるで あの川の水が 絶えず押し流されてゆくように
この半生は ずっと敗れては逃げるばかり

 生まれてこのかた こうだったんだ
 でも 僕は信じている
 いつかきっと
 良い時代が来ると。
 ああそうだよ

生活は苦しく もう限界だ
でも 死ぬのも怖いんだ
だって 空の上には天国があるなんて
本当かどうか もう分からないよ

 はるか遠い昔から こうだったんだ
 でも 僕は信じている
 いつかきっと
 この世は良くなると。
 ああそうだよ

映画を観に行った
商店街を歩くと
罵声を浴びせられるんだ
「この辺りでウロウロするな」

 遠い昔から こうだったんだ
 でも 僕は信じている
 いつかきっと
 マシな時代が来ると。
 ああそうだよ

兄さんの家へ行って
「兄さん、お願いだから何とかしてほしい」
でも しまいには口論になって手があがった
僕は地面に倒れたんだ

もう この命は長くないと
幾度となく思ったさ
でも今は
なんとか耐え抜くことが出来るかも
そんな気がしている

 遠い昔から こうだったんだ
 でも 僕は信じている
 いつかきっと
 良い時代が来ると。
 ああそうだよ



I was born by the river in a little tent
And just like the river I've been running ever since
It's been a long time, a long time coming
But I know a change is gonna come
Oh yes it will.

It's been too hard living, but I'm afraid to die
Because I don't know what's up there beyond the sky
It's been a long, a long time coming
But I know a change gonna come
Oh yes it will.

I go to the movie and I go downtown
Somebody keep telling me, "Don't hang around."
It's been a long, a long time coming
But I know a change gonna come
Oh yes it will.

Then I go to my brother And I say, "Brother, help me please."
But he winds up knocking me
Back down on my knees.

There have been times that I thought I couldn't last for long
But now I think I'm able to carry on
It's been a long, a long time coming
But I know a change is gonna come
Oh yes it will.

ノウハウの蓄積

 
 誰かが言っていました。「デモやストって、ノウハウの蓄積なのだ」・・・だそうです。

 なるほどなあ、なんだか分かる気がします。
 僕はデモなんて、時代の変化を感じてこの数年すこし足を運んでいるだけです。しかも参列しているだけで、デモを主催する側にまわったことはありません。ましてやストなんて、やったこともないどころか、見たこともありません。
 それでも、その「ノウハウの蓄積」というのは、理解できるような気がします。
 素人考えで恐縮ですけれども、たとえば、デモを行う場合、どこで何時ごろやるのが効果的なのか? 警察などへの届け出はどうやるのか? どこまで届け出る必要があるのか? けが人や病人がでたらどうするのか? 大勢の参加者をあつめるにはどうしたらいいのか? 妨害する者があらわれたり、ケンカが起こったりしたらどう対応するのか? たくさんのスタッフがうまく連携して大がかりなデモを成功させる方法は?
 そのような数限りなくある「ノウハウ」を、多くのスタッフで継続的に共有することが、必要になってくるでしょう。
 これまた想像ですが、ストライキにいたっては、もっと難しいんではないでしょうか。

 六〇年安保のときや、七〇年安保のときにも、そういったノウハウがあったはずなのですが、そういうものが失われている・・・。そういうことを、この発言主を言っていたのだと思います。

 〈音楽家が戦争に反対する〉も、同じことじゃないのかと、しみじみ思うのです。その「ノウハウの蓄積」が失われていることが問題なのだと。
 すこし前に流行った言い方でいえば「音楽に政治を持ち込む」というやつです。それはそうとして、その方法とは、どうあるべきなのか?

 今この時代を生きていて、約七〇年間もつづいた平和な時代は終わりをとげて、なんらかのかたちで、大きな戦争が、僕たちの身近なところへやってくる(または、すでに戦争は始まっている)と感じている人は多いはずなのです。そんななか、音楽家や、まあ一般にはアーティストなんて呼ばれている者たちが、いま何をなすべきか、悩んでいるはずです。いちおう僕もその一人です。
 ところが、どうやったら良いのかが分からない。つまり「ノウハウの蓄積が無い」。そこが問題なのだ。
 音楽家は、どのあたりから手をつけるのが最善の策なのだろう? どうすれば効果的に平和のメッセージを伝えることができるのだろう? それに、こういったものは多少のリスクを伴うと聞く。それならば、「どういう方法であれば自分の名前に傷がつかずに済むか」? 倣うべき見本が目の前にないから、それが分からない。本来なら、七〇年安保のときだって、六〇年安保のときだって、戦前だって、音楽家が反戦を唱えたりするアプローチは様々な形態があったはずなのに。

 ちなみに、そんなノウハウがあったからといって、どうもならないかも知れません。かのジョンレノンだってベトナム戦争を止めることはできなかったし、スライストーンだって人種差別をなくすことはできなかった。カーティスメイフィールドだろうがジェイムズブラウンだろうが、どれだけ巨大な音楽的才能や影響力をもってしても、そのパワーはジョンソン政権やニクソン政権の前では、小さなアリンコのごときでしかありません。
 けれども、すべての音楽家は、戦争をはじめとする暴力の問題や、貧困や人権の問題にたいして、なんらかの方法で自らの活動のなかにメッセージを織り込んでゆかなければならないはずです。

 このブログでは何度も書いています。同じことばかり書いてしまうのですが、僕なりに十数年のあいだ考えた結論としては:

 一、そういう曲をつくる。
 一、デモに行く。デモへの参加を表明する。
 一、短いコメントを発表する。
 一、そういうイベントに出演する。または、主催する。

 やっぱり、この四つくらいがイイ線なのではないかと思うに至っています。
 「ノウハウの構築」に役立てばよいのですが。

横浜市長選挙、どこに投票するか。

 
僕は2005年以来、この12年ほど横浜市民です。
横浜市は、日本最大の市町村です。これは大きいです。
横浜市長の椅子は、370万人の暮らしに対してとてつもなく大きな権限・責任を持っています。

さらに、いま、この横浜市長選挙の結果が国政に与える影響は非常に大きいと言われています。


IMG_20170725_011327_resized_20170726_024225114.jpg
候補者は三人です。

林文子(71)・・・・・元BMW東京代表取締役、ダイエー代表取締役。二期目現職。
長島一由(50)・・・・・元フジテレビ報道局、元逗子市長、映画監督、元衆議院議員(民主党)。
伊藤大貴(39)・・・・・元日経BP社、前横浜市議(緑区、民進党)。


いつものことながら、選挙は〈消去法〉で〈よりマシ〉を選ぶ、です。
まず一番最初に、自民公明の公認候補である林文子氏を消去します。
加えて、今回の選挙の争点とされる「カジノ建設」についても、僕はカジノ大反対なので、現職は真っ先にはずします。

つぎに、ともにカジノ反対を掲げている、残り二候補のどちらを選ぶかです。

民進系で、共産・社民・自由の応援をとりつけている伊藤大貴候補のほうが優位と目されています。
長島候補に投票することは死票となる可能性が高いでしょう。
市民の暮らしをより重視する姿勢も評価して、僕は伊藤候補に投票することにします。


ただし、伊藤氏は、若すぎるようだし、実力を備えた市長候補とは僕には思われませんでした。
この大きな横浜市で、四年も前から市長選があることなど、分かりきったことであったにも関わらず、有力な候補を擁立できなかった野党のみなさん、とくに民進党は、
厳重注意処分です


IMG_20170722_131236_resized_20170726_023750634.jpg
投票日の7月30日は、ちょうどフジロック フェスティバルに出演です。すでに、区役所にて不在者投票をしてきました。
伊藤大貴氏に一票を投じてきました。

都議選をふりかえって。

 
 僕には小さな子供がいますが、家で、選挙のことや政局ことを少し口にすると、案外、食いついてきます。
 テレビで汚職の話題なんかをみているので、どの人が悪者で、どの人がそうでないのか、見極めるのを楽しんでいるのかもしれません。
 それから、選挙で投票所にいくと、あの独特の雰囲気も新鮮に感じていることでしょう。「何を書いてるん?」「センキョって何?」「誰を選んだん?」と無邪気に聞いてきます。
 およそ、子供というものはいつでも「大人の話だから、子供は立ち入り禁止」というものに、興味を示すものです。それはとても素晴らしいことです。

 僕が子供の頃のことを思い出します。
 僕も同じように、小さなころ投票所に連れられていった記憶がおぼろげにあります。
 中学生か高校生くらいともなると、代表的な政党の名前くらいは知っています。投票が終わったあと、誰に投票したのかと両親に尋ねます。
 そういうときは決まって、母親は、「今回は社会党に入れた。」とか「今回は共産党に入れた。」などと言っていました。
 一方、父親にも同じことを尋ねると、しつこく訊いても、絶対に教えてくれませんでした。ちょっと薄笑いをうかべていたのが印象的でした。
 僕の父は公務員であったので、慣例的に自民党に入れていたのかもしれません。それが少し恥ずかしかったのでしょうか。それとも、「世論は自民党叩きばかりやっているが、実際に投票すべきは自民党しかないのだ、お前はまだ子供だからそれが分からんだろう」というようなニュアンスの薄笑いだったのか。あるいは、共産党や社会党に投票していたがが、なにか他の理由で教えてくれなかったのか。
 結局わかりません。父もまだしっかりしていますので、尋ねてみても良いのですが、それほど饒舌な人ではないし、昔のことは細かいニュアンスまで覚えていなかったりです。
 僕の父はいい加減な考えで候補を選んだり、理由もなく投票先について黙ったりするような人ではありませんから、なにか、理由や考えがあってのことだったでしょう。それでも教えてくれなかった、というところがミソです。

 そういうわけで、僕の育った家庭の話に限らず、世の人は誰でも、それに、とくに有名人、たとえばテレビに出ているような人が投票先を公言することは実に稀だと思います。
 芸能人や音楽家はそういうことは言いませんし、学者や文化人でさえ、ほとんど言いません。やはり、「あの人は自民党」とか「あの人は共産党」とか、決めつけられるのがイヤなんでしょうね。
 自民党であれ何であれ、そういうことを言っちゃうと、のちのち、いいことなんて一つも無いということでしょう。そして、実際そうなのでしょう。

 この風潮は、やっぱり変えていかなくちゃいけないと思います。
 とくに学者や文化人と言われている人達がそれをやらないでどうするのでしょうか。
 アーティスト/音楽家なんかも同じです。
 「みなさん、投票に行きましょう!」というような、当たり障りのない呼びかけだけでは、投票率もあがらないし、世の中は良くなっていきません。
 「投票のやり方」を伝えて行かないといけない。とくに子供達に。

 選挙というのは、その時々で、〈よりマシ〉なところを選ぶものです
 消去法です。
 なにも、その候補に心酔して投票するわけではない。
 それを常識として定着させないといけないと思います。

 「しっかりやれよ、ちゃんとやらないと次は落とすぞ」という気持ちで、自分の代理人を選ぶものです。
 それを、子供のころから伝えていくのがよいと思います。

 やっとこさ本題です。

 まず、都民ナントカの大躍進については、言うまでもないことですが、まったく歓迎しません。評価もしませんし、僕個人としては大敗北です。
 「安倍退陣へのきっかけとなりそうだから都民ナントカを歓迎」なんていうのは、オポチュニズムというやつです。
  ◎ 安倍退陣の可能性がでてきたのは良いことである。
  ◎ 都民ホニャララの躍進は歓迎しない。
この二つは相反しません。

 「もし僕が世田谷区民だったら」というのと「もし僕が渋谷区民だったら」というのをブログで書きました。
 基本的な考え方としては、当選する可能性が少しはある候補者をまず書き出します。つぎに、およそ人民の敵と目される政党の人物を選択肢から外します。そのあとは、接戦で闘っている人へ投票するべし、ということです。

 なんといっても素人の考えることですので、ちょっと外れてしまう場合があります。
 今回の都議選では、僕は都民ファーストがこれほどまでに強いとは思っていませんでしたので、世田谷区でも渋谷区でも、一人当選すると考えていたら、フタをあけると驚くことに二人とも当選しました。
 世田谷区で社民党の候補に入れるべきと考えたのは、現時点においても正しい選択だったと思っていますが、渋谷区で民進党の候補に入れるべきと考えたのは、現時点において間違った選択だったと反省しています。共産党に入れるべきだった。(残念ながら、どちらも当選するわけではなかったのですが。)

 これは以前から、大きな選挙があるたびに勤めて書いていますので、昔のブログなどを振り返ると、現在の僕としては恥ずかしい選択をしていることがあります。のちに猛省することとなる間違いとおかしている記事があります。(もちろん削除したりしません。)
 そのへんはなにとぞお許しください。そんなものです。

 とにかく、僕の言いたいことは、それぞれ個人の考えを発表しあう、ぶつけ合うのが大事ということです。
 つまり、ケンカをしないで意見を交換できるようになる。
 そういうことが、普通に行われるようになると、ずいぶん良くなると思うのですが。

 ちなみに、「僕は◯◯民なので△△に投票します。」とか「もし僕がXX民だったら▲▲に投票します。」・・・これは、まったく「選挙運動」ではありません。僕が個人的にどうするかを表明しているだけです。僕個人の、表現の自由の行使です。
 だから、およそ何を言っても、選挙の法律に抵触するようなことは無いはずです。
どうですか・・・合ってますか? (公職選挙法に詳しい方、是非おしえてください!)

選挙毎に恒例の「もし僕が〇〇民だったら」です。
僕はいま横浜市民ですが、もし仮に渋谷区民であったなら・・・を書いてみたいと思います。


IMAG1670.jpg


都議会における渋谷区選出は定員2名です。
候補者は下記のとおり。(順不同)

浜田浩樹(はまだひろき)・・・・・民進党、新人(元渋谷区議)
大津浩子(おおつひろこ)・・・・・都民ファースト推薦、現職
龍円愛梨(りゅうえんあいり)・・・・・都民ファースト公認、新人(元テレビアナウンサー)
前田和茂(まえだかずしげ)・・・・・自民党、現職
折笠裕治(おりかさゆうじ)・・・・・共産党、新人(共産党渋谷区常任委員)

現職二人が優勢とみられます。

ところで、「自民を倒すために都民ナントカを応援」という意見があるようなのですが、それをやったらどうなるでしょうか。結果、自民と都民ナントカの両方が当選したとき、それは「目的を果たした」になるのでしょうか?

渋谷区のような二人区でさえそうなのですから、もっと多い複数区だと・・・。都ナンへの投票は民進党や共産党を壊滅させる役割しか果たしません。


投票にあたっては、自民党と都民ナントカを選択肢からはずし、残り二人のどちらかに投票するのが良いと思います。

浜田浩樹(民進)「空気は読まない。私がつくる。子育て、防災、信じられる都政へ。」
ホームページ http://hamada.to/
折笠裕治(共産)「豊洲移転は中止し、築地で再整備を。憲法9条守りぬきます。」
ホームページ http://orikasayuji.jimdo.com/
 

非常に悩みどころです。理念・政策からすると共産党の候補を応援したいと思います。また、こんなトンチンカンなキャッチフレーズの候補を用意する民進党は厳重注意処分とします。

二者択一、苦渋の選択ですが、民進党を可能なかぎり応援することは重要と考えて、ここはひとつ、民進党のほうを選ぶことにします。


もし僕が渋谷区民であったなら、今週末の都議選では民進党の浜田浩樹氏に投票します。


選挙毎に恒例の「もし僕が〇〇民だったら」です。

僕はいま横浜市民ですが、もし仮に世田谷区民であったなら・・・を書いてみたいと思います。
世田谷区民のみなさんにはおせっかいかもしれませんが、世田谷区も何かとお世話になっている場所ですから、お許しください。

IMG_1818.JPG
都議会における世田谷区選出は定員8名です。
当選する可能性のある候補者は下記の10名ほど
と考えられます。

大場康宣(おおばやすのぶ)・・・・・自民党、現職
三宅茂樹(みやけしげき)・・・・・自民党、現職
小松大輔(こまつだいすけ)・・・・・自民党、現職
栗林法子(くりばやしのりこ)・・・・・公明党、現職
福島理恵子(ふくしまりえこ)・・・・・都民ファーストの会、新人
木村基成(きむらもとなり)・・・・・都民ファーストの会、現職(小金井市)
岡本京子(おかもときょうこ)・・・・・生活者ネットワーク、新人
里吉ゆみ(さとよしゆみ)・・・・・共産党、現職
桜井純子(さくらいじゅんこ)・・・・・社民党、新人
山口拓(やまぐちたく)・・・・・民進党、元職

この中から、2人が落選する。
誰に投票するべきでしょうか。

まず、いうまでもなく、自民党、公明党、都民ファーストの会を選択肢からはずします。

次に、まことに心苦しいが、「生活者ネットワーク」も削除せねばなりません。市民派であるはずの生活者ネットワークは、いまや小池百合子と選挙協力という悲劇がおこりました。「予算や条例をとるために憲法改正に(結果的に)協力する」というのでしょうか。自殺行為です。いくらなんでも誤りでしょう。

これで、すでに残り三人にしぼられました。

里吉ゆみ(共産党)
桜井純子(社民党)
山口拓(民進党)

ここで最大の難関です。
僕は、ブログやSNSなどで何度も、改憲を阻止するために「民進党また共産党を応援せねばならない」と書きました。
しかし、この民進党公認候補のポスターをみるとこのようにうたっています。
「都民第一、東京をひらく。小池知事とともに東京大改革に挑戦! 改革断行!」・・・本当に、悔しさで言葉も
ありません。これが現実の世界というものだ・・・。

つぎに、共産党の里吉ゆみさんは、おそらく当選するのではないでしょうか。
「保育・介護・教育の充実に全力 豊洲移転は中止、築地再整備を」

社民党の桜井純子さんは、すくなくとも今回は落選して死票となる可能性もあります。
ただし、選挙というのは一回きりではないので、長期的な視野をもって桜井さんを応援するのも意義のあることでしょう。
「みんなの居場所がある東京へ! たたかう人権派! 都民に寄りそう都議会を」

結論です。
僕の書いたことを覆すことになってしまいますが、来年に迫っている「改憲」へ
追いうちをかけることになる山口候補(民進党)に投票するのは間違っていると言うほかありません。

僕が仮に世田谷区民であったなら、社民党の桜井純子さんに投票します。
また、共産党の里吉ゆみさんの苦戦が報じられた場合は、そちらにまわるべきだと思います。



<<前のページへ 910111213141516171819

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ