"Revolution will not be televised."(革命はテレビ放送されない。)−−−なんとカッコいいキャッチフレーズでしょう。当時もっともクールに輝いていた詩人・ギルスコットヘロンによる、1970年発表のポエトリーのタイトルです。さすがに現代の僕たちの脳みそにも突き刺さります。そして同時に、謎にみちたタイトルでもあると思います。意味が分かるような分からないような・・・。だからこそたくさんの人を魅了してきたと思います。

599aafd3389de2f98d931303a09d3050.1000x1000x1.jpg

 2015年9月、この歌詞の翻訳を、僕なりにやってみました。この拙い翻訳が完成するまで、半年くらい要しました。この詩は一体なにを訴えようとしているのか、彼が革命と呼んでいるものは一体どのようなものなのか、最後の一行に込められた意味はどのようなものか。その本意を掴もうと、知恵熱をだして取り組みました。



 ちょっと脱線します。実は、この翻訳に手を着ける以前には、僕は只々ぼんやりと、つぎのようなトンチンカンなことを考えていました。
 ーーーいざ革命が発生したとき、何がおこるか? ここで云う革命とは、当然ながら〈ブラックレボリューション〉という意味だろう。素直に考えて、ふつうは革命軍が政府軍を打ち破ったら国営放送局を占拠するだろう。そして全国にむけて革命が成就したことを電波にのせて宣言するだろう。それなのに、なぜ、ギルは「革命はテレビ放送されない」なんて言っているのか?
 ーーーそれとも、革命が起きたとき、旧政府の命令で各放送局が電波停止させられるんだろうか? 政府による最後の抵抗として? そして各家庭のテレビ画面は真っ暗になるのか?
 こんなことを考えていたのですが、オカシイですかね? 英語の聴き取りなんていうのは一般的な流行歌でも中々わからないのに、こんな早口のポエトリーは僕にはまったくお手上げでした。ペラペラと何を言っているのか聴き取れないので、タイトルだけで上記のようなことを妄想していたわけです。

 この曲が発表された1970年ごろは、「革命」は現在にくらべて遥かに現実的なものとして語られていました。しかし、ついに革命は起きませんでした。半世紀ちかく経った現在もまだ起きていません。ところが、ここで饒舌に語るギルはどうやら「革命とは一体何なのか」を知っている様子です。
 それは誰が起こすのか? テレビ局は放送するのかしないのか? ワッツ暴動(1965年)のような都市部の暴動からスタートするのだろうか、それともキューバ革命のように農村部や山岳部のゲリラ戦から始まるのだろうか? 指導するのはブラックパンサーだろうかNOI(ネイションオブイスラム)だろうか?
 400年間苦しめられてきたアメリカ黒人3000万人を、誰がどのようにして解放するとギルは言っているのだろう? そしてその革命は、出口の見えないベトナム戦争に終止符をうつはずであるし、アメリカ合衆国の黒人のみならず、南アメリカの黒人や、さらには地球上すべての弱者を救済して理想郷をもたらすべきものである。それは一体どのようにして起こりうるのだろう?

 そして、一番重要なことは、僕たちとの関係性です。「ギルの歌う〈革命〉とやらはここ日本でも倣うことは可能なのか?」「21世紀の現代でも有効なものなのか?」ということです。
 それに、「革命はテレビで放送されない」とギルは言うが、インターネットはどうなんだ? テレビはダメでも、Youtubeでは放送されるのか、されないのか? Facebookでは革命は流れるの、流れないのか? ツイッターやインスタグラムでは? それとも、流石のギルスコットヘロンであっても、インターネットテクノロジー全盛の現代のことまでは予見できなかったのか? それとも彼の知性と洞察力は、半世紀が経った現代においても、僕たちが発するのすべての問いに答えてくれるものなのだろうか?

 前置きが長くなってしまいました。それでは次回から、歌詞の内容を、僕の分かる範囲でじっくり解説してみようと思います。そして上記のそれぞれの問いについて答えようと思います。


91e376882a8df699f2ccd4b29b88e68c.1000x1000x1.jpg



『詩のこころを読む』より

 
 『詩のこころを読む』(茨木のり子著 1979年、岩波ジュニア新書)より、日本の文化についての指摘。
 〈第三章 生きるじたばた〉のなかの、金子光晴の詩「寂しさの歌」について語られている部分より抜粋。


 つづまるところ詩歌は、一人の人間の喜怒哀楽の表出にすぎないと思うのですが、日本の詩歌はこれまで「哀」において多くの傑作を生んできました。「喜」や「楽」にも見るべきものがあります。ただ「怒」の部門が非常に弱く、外国の詩にくらべると、そこがどうも日本の詩歌のアキレス腱ではあるまいか、というのが私の考えです。
(中略)
 さまざまな怒りはこの世に充満していますが、それを白熱化し、鍛え、詩として結晶化できているものは、多くの人の努力にもかかわらず現在でもいたって数は乏しいのです。遺伝的体質なのかもしれません。


 (「遺伝的体質」というのは、厳密な医学的な意味ではなく「民族的特質」とでも置き換えられるべきでしょう。念のため。)
 また、同じ箇所で、いちページめくると次のような記述があります。


 第二次世界大戦時における日本とは何だったのか、なぜ戦争をしたのか、その理由が本を読んでも記録をみても私にはよくわかりません。頭でもわからないし、まして胸にストンと落ちる納得のしかたができませんでした。東洋各国との戦争は侵略であることがはっきりしましたが、アメリカとの戦いは結局なんだったのか、原爆をおとされたことで被害国でもあり、全体は実に錯綜しています。そんなわけのわからないもののために、私の青春時代を空費させられてしまったこと、良い青年たちがたくさん死んでしまったこと、腹がたつばかりです。
 私の子どもの頃には、娘をつぎつぎ売らなければ生きてゆけない農村地帯があり、人の恐れる軍隊が天国のように居心地よく思われるほどの貧しい階層があり、うらぶれた貧困の寂しさが逆流、血路をもとめたのが戦争だったのでしょうか。貧困のさびしさ、世界で一流国とは認められないさびしさに、耐えきれなかった心たちを、上手に釣られ一にぎりの指導者たちに組織され、内部で解決すべきものから目をそらさされ、他国であばれればいつの日か良いくらしをつかめると死にものぐるいになったのだ、と考えたとき、私の経験した戦争(十二歳から二十歳まで)の意味がようやくなんとか胸に落ちたのでした。

(『詩のこころを読む』茨木のり子 1979年/岩波ジュニア新書 160-161ページ)

住所とギョウザ(岩田宏)

 

住所とギョウザ    岩田宏


大森区馬込町東四ノ三〇
大森区馬込町東四ノ三〇
二度でも三度でも
腕章はめたおとなに答えた
迷子のおれ ちっちゃなつぶ
夕日が消える少し前に
坂の下からななめに
リイ君がのぼってきた
おれは上から降りて行った
ほそい目で はずかしそうに笑うから
おれはリイ君が好きだった
リイ君おれが好きだったか
夕日が消えたたそがれのなかで
おれたちは風や帆前船や
雪のふらない南洋のはなしした
そしたらみんなが走ってきて
綿あめのように集まって
飛行機みたいにみんな叫んだ
くさい くさい 朝鮮 くさい
おれすぐリイ君から離れて
口ぱくぱくさせて叫ぶふりした
くさい くさい 朝鮮 くさい

今それを思いだすたびに
おれは一皿五十円の
よなかのギョウザ屋に駆けこんで
なるたけいっぱいニンニク詰めてもらって
たべちまうんだ
二皿でも三皿でも
二皿でも三皿でも!
          (『岩田宏詩集』)



GREENBACK(レイチャールズ 1958年)

 
GREENBACK by Ray Charles, 1958





《グリーンバック(ドル紙幣)》 レイチャールズ、1958年


昨日のこと 夜の街を歩くと
カワイコちゃんと眼があった
会釈をして名前を尋ねると
「ネンネの坊やはやめときな」
オイラは見返してやろうと
ポケットに手をやり差し出した
リンカーン大統領(5ドル紙幣)に見つめられ
カワイコちゃんはよろこんだ

  グリーンバック
  グリーンバック
  ドル紙幣
  緑色のインクで印刷された
  ただの紙切れ


思わせぶりな目つき
その奥がギラっと光った
「あんた 話がわかるわね
 名前はフロウっていうの よろしく
 でもあたし毛皮のコートを着てんのよ
 このご時世 一人前に遊びたいなら
 リンカーン大統領だけじゃなく
 ジャクソン大統領(20ドル紙幣)も登場ねがわなくちゃ」

  グリーンバック
  グリーンバック
  ドル紙幣
  緑色のインクで印刷された
  ただの紙切れ


なんだか雲行きが怪しくなってきたけど
ジャクソン大統領も取り出した
大統領二人がポケットから居なくなっても
今晩たのしめるなら構わないと思ったサ
都会に来たからには いい出会いが欲しい
リンカーン大統領でダメでも
ジャクソン大統領ならなんとかなりそうだ

  グリーンバック
  グリーンバック
  ドル紙幣
  緑色のインクで印刷された
  ただの紙切れ


雰囲気のある店に入ったよ
食事とダンスで気持ちも高まったところで
そろそろ店を出ようと言った
するとフロウちゃんは立ち上がって
お鼻に白粉をパタパタしてこなきゃ
 ちょっと待っていてちょうだい
オイラは笑顔でまた席に腰をおろした
お化粧室へ歩いてゆく彼女

  グリーンバック
  グリーンバック
  ドル紙幣
  緑色のインクで印刷された
  ただの紙切れさ


ふと音楽が鳴り止んで照明があがった
店内を見回せば 客はオイラ一人
フロウちゃんが席を立って何分くらい経ったか
お鼻にパタパタだけにしちゃ遅すぎる
そんなわけでオイラは
目に涙をうかべながら店の外へ出た
そして 大きく手を振ったのさ
リンカーン大統領とジャクソン大統領
またお目にかかります!

  グリーンバック
  グリーンバック
  ドル紙幣
  緑色のインクで印刷されている
  ただの紙切れ



As I was walking down the street last night
A pretty little girl came into sight
I bowed and smiled and asked her name
She said, "Hold it bud, I don't play that game"
I reached in my pocket, and to her big surprise
There was Lincoln staring her dead in the eyes.
On a greenback, greenback dollar bill
Just a little piece of paper, coated with chlorophyll

She looked at me with that familiar desire
Her eyes lit up like they were on fire
She said, "My name's Flo, and you're on the right track,
But look here, daddy, I wear furs on my back,
So if you want to have fun in this man's land,
Let Lincoln and Jackson start shaking hands."
On a greenback, greenback dollar bill
Just a little piece of paper, coated with chlorophyll

I didn't know what I was getting into
But I popped Lincoln and Jackson, too
I didn't mind seeing them fade out of sight,
I just knew I'd have some fun last night
Whenever you in town and looking for a thrill
If Lincoln can't get it, Jackson sure will
On a greenback, greenback dollar bill
Just a little piece of paper, coated with chlorophyll

We went to a nightspot where the lights were low
Dined and danced, and I was ready to go
I got out of my seat, and when Flo arose,
She said, "Hold on daddy, while I powder my nose"
I sat back down with a smiling face,
While she went down to the powder place
With my greenback, greenback dollar bill
Just a little piece of paper, coated with chlorophyll

The music stopped and the lights came on,
I looked around and saw I was all alone
I didn't know how long Flo had been gone
But a nose powder sure didn't take that long
I left the place with tears in my eyes
As I waved Lincoln and Jackson a last goodbye
On a greenback, greenback dollar bill
Just a little piece of paper, coated with chlorophyll

"WHY? (THE KING OF LOVE IS DEAD)" by Nina Simone, 1968



(キング牧師暗殺の三日後におこなわれた追悼コンサートにおける演奏。1968年4月7日。)



 かつて地球というこの星で
 愛と自由を 仲間に説いて
 慎ましく生きた人がいました

 いつか世界じゅうに
 平和がおとずれる その日を夢見て
 国じゅうに言葉を届けました

 頬を打たれればもう一方の頬を差し出し
 汝の隣人を愛せよ を心に刻み
 殴られ罵しられ命を狙われても 怖じけることはなかった

 いつも聖書を傍らに
 逃げも隠れもしなかった
 偉大なあの人がもうこの世に居ないなんて

 人殺したちはいつまでのさばるのか
 人間だろうか けだものだろうか
 このような所業がいったい何を生むというのか? 

 この国は持ちこたえられるか 崩壊してしまうのか
 もはや手遅れだというならば
 マーチンルーサーキングの死は無意味だったのか?

 あの人は 山の頂きで約束の地を見た
 殺されることを悟り
 もはや休むことなど出来なかった

 さあみなさん、立ち止まってよく考えましょう
 わたしたちは瀬戸際に立たされている
 一体どうなってしまうのでしょう?
 あの人が逝ってしまった今・・・


 平等を訴えたあの人は
 わたしたち全員に教えてくれた
 愛と良心にあふれ 憎しみを煽ることは決して無かった

 非暴力を唱えたあの人が
 一体なぜ つい数日前
 撃ち殺されなければならなかったのか

 あの人は 山の頂きで約束の地を見た
 殺されることを悟り
 もはや休むことなど出来なかった

 さあみなさん、立ち止まってよく考えましょう
 わたしたちは瀬戸際に立たされている
 一体どうなってしまうのでしょう?
 愛のキングが逝ってしまった今・・・



Once upon this planet earth
Lived a man of humble birth
Preaching love and freedom for his fellow man.

He was dreaming of a day
Peace would come to earth to stay
And he spread this message all across the land.

Turn the other cheek he'd plead
Love thy neighbor was his creed
Pain humiliation death, he did not dread.

With his Bible at his side
From his foes he did not hide
It's hard to think that this great man is dead.

Will the murders never cease?
Are thy men or are they beasts?
What do they ever hope, ever hope to gain?

Will my country fall, stand or fall?
Is it too late for us all?
And did Martin Luther King just die in vain?

Because he'd seen the mountain top
And he knew he could not stop
Always living with the threat of death ahead.

Folks you'd better stop and think
Because we're heading for the brink
What will happen now that he is dead?

He was for equality
For all people you and me
Full of love and good will, hate was not his way.

He was not a violent man
Tell me folks if you can
Just why, why was he shot down the other day?

He'd seen, the mountain top
And he knew he could not stop
Always living with the threat of death ahead.

Folks you'd better stop and think (and feel again)
For we're heading for the brink
What's gonna happen now that the king of love is dead?

父が遺したメモから。

 
 僕の父が、今年一月に亡くなりました。約二年間のガンとの闘病のすえ、あと一ヶ月すれば七十二歳の誕生日というところでした。
 とくに病気が発見されてから、昔の思い出のようなものをメモに書くようにお願いをしていました。生来、何かを書き記したり、記録・保管したりすることは好きなほうでしたので、それほどの分量ではありませんが、いくつか、書いてくれました。
 そのうちの一つを紹介します。この一編だけは個人的な内容ではなく、とても一般的な内容です。ここに掲載することも意味があるかもしれません。とくに一番最後の段落は、これからの日本を生きる人達へのメッセージとなっています。

*     *     *

 私の生まれたのは昭和21年2月。終戦から約半年のち。
 終戦後は人々の緊張も解けた一方、社会は混乱・混沌とした最悪の状況だった時代。それからの戦後の日本の歩みを生きてきたことになる。
 昭和25年、朝鮮戦争が勃発し、日本は特需景気でよみがえったといわれる。
 昭和34年、皇太子(現天皇)の御成婚(結婚式)で、白黒テレビが急速に各家庭に普及した。我が家も同様。
 昭和36年(高校入学の年)、池田勇人内閣が所得倍増計画を発表。
 昭和39年(大学入学の年)、東京オリンピック開催(10月10日)、新幹線開通(10月1日)、名神高速道路開通で世界にも戦後復興を宣言した。
 昭和43年(大学卒業の頃)に不景気(景気減退)にみまわれ、昭和45年(大学院終了の年)、大阪万博(日本万国博)がひらかれて「進歩と調和」がテーマとされた。背景には急速な経済発展による公害などの社会問題(国際的にはベトナム戦争、東西対立等)が無視できなくなってきたことがある。
 その後オイルショック、第二次オイルショックを経験し、低成長(安定成長)時代が続いている。

 当然、我が家の暮らしも大きく変わってしまった。小学校のとき母に言われたのは、
 「我が家は貧乏やから」
 「(ものがほしいと)上をみたらキリがない。我慢しなさい」
だったように思う。
 小学校の給食は脱脂粉乳(だっしふんにゅう:米軍からの援助品)のミルクだったが、こどもの栄養問題から我が家でも牛乳をとることになった。毎日一本届けてもらい、こども三人で三分の一ずつ分けて飲んだ。当時は卵も貴重品で、卵焼きはごちそうだった。ご飯は麦飯で(割合は不明)、中学に入って給食がなくなり弁当をもっていくようになった時も麦飯だった。これが恥ずかしかった。ということは、他の人は麦飯でない人が多かったのだろう。麦飯は栄養を考えてのことではなく、やはり「節約」という母の強い考えだった。ぜいたくは禁物だ。
 小学校の社会科で教えられた重要なことでいつまでも心に残っているのは、《日本は資源のない国。だから原材料を輸入し加工して(付加価値をつけて)輸出してお金をかせぐという加工貿易の国である》ということ。これは基本的には今も変わっていない。同じことを今は「日本は技術立国」と言い換えている。これは日本の技術が優れていると自慢しているのだと受け取られる風があるが、真の意味は、「(加工の、付加価値をつける)技術がなければ日本は生きていけない」という意味なのだ。ところが、技術は日本人だけにあるものではなく、だれでも修得できる。後進国と言われる国も同じ立場で技術修得に必死になっている。日本は今後はどういう方向で日本の基盤を成り立たせるのか求められている。日本の今の繁栄の根拠が序々に薄れていっているのだ。
(中田智 2016年11月28日記す)
 


米仏英軍がシリアへの空爆を開始

 
シリアへの空爆が開始されたと報じられました。
僕はこのように考えています。

①アサド政権は、自国民に対する恐ろしい虐殺を行っている。
②アメリカ・フランス・イギリスのシリア攻撃は、侵略行為である。
③トランプ大統領の支持率をあげるために空爆している。
④アサド政権が倒れたとしても、イラクのように長期化するのではないか。

いま、上記をふまえて、いち庶民である僕の本分とは何でしょうか?
それは、
 アサドやロシアの恐ろしい虐殺に反対すること。
 米仏英による攻撃にも反対すること。
 日本政府に対しては、両方どちらも支持しないように訴えること。
 もちろん、自衛隊の海外派遣には断固として反対しなくてはならない。

これが、平和を望むいち庶民としての僕の本分であると思う。
「アメリカかロシアか」ではなく、「戦争か平和か」「武力行使か政治的解決か」ということ。
シリアの状況は凄惨を極めると聞きます。
それでもなお、戦闘に賛成してはいけない。

<<前のページへ 56789101112131415

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ