音楽と関係ある度:★★★★★の最近のブログ記事

BACK TO THE WORLD by Curtis Mayfield, 1973




生きて帰って来たよ やっと帰って来たよ
生きて帰って来たよ やっと帰って来たよ

木々のあいだを這いまわって
膝まで泥につかって
この馬鹿馬鹿しい戦争を闘ってきた
何のための戦争だったのか 神様でさえ分からないだろうよ

六年以上ものあいだ
俺たち とんでもないところにいたよ
頭がおかしくなりそうだ 落ち着かなきゃ
目的も分からないまま 必死で闘い続けたよ

家に帰りたい
家に帰らなきゃ
故郷にかえるんだ

母ちゃんとしゃべったよ

「坊や おかえりなさい
 お祈りが届いたんだね
 やっと帰って来て ご苦労様でした
 よくお聞き 戦争は負けだよ
 戦争は負けたんだよ」

いま この街ではどこへ行こうとも
一挙手一投足に気をつけなくちゃ 誰から何を言われるか分からない
僕たちの所業を「神もお許しにならないだろう」なんて・・・本気で言ってるの?
やっと帰って来たけれど
生きて帰って来たけれど

ああ 辛いんだ 本当に辛いよ
生きるのが辛いんだ

身体はボロボロ 懐はスッカラカン
「帰還兵は無職でござる」ときたもんだ
やっと帰って来たけれど
生きて帰って来たけれど

帰っては来たけれど ありがたいことばかりだ
「お前さん あの娘はどこかに行っちゃったよ」
あの忌まわしい戦争が もう少し早く終わってさえいれば・・・
世間ってのは血も涙もない
世間ってのは血も涙もない

玉手箱をあけた浦島太郎さ
頭がどうにかなりそうだよ
本当につらいよ つらいよ つらいよ
帰っては来たけれど

ああ 辛いよ 本当に辛いよ
生きるのが辛いんだ


Back in the world, back in the world
Back in the world, back in the world.

Crawlin' through the trees
Stuck in mud up to the knees
Fightin' this damn war
Wonderin' if the Lord knows what it's for.

Six long years stretch
And we boys was in a hell of a mess
I gotta keep my mind, take it slow
Fighting hard for what I don't know.

I wanna get back home
I gotta get back home
Back to the world.

I had a talk with little mom
Strenuous face as she began to hum
She said - Boy, it's good to see you
My prayers must have been with you
And now that you're back and done
Let me tell you son
The war was never won
The war was never won.

In these city streets everywhere
You gotta be careful where you move your feet and how you part your hair
Do you really think that God could never forgive this life we live?
Back in the world
Back in the world.

My, my , my, my
It's so hard, it's so hard, it's so hard
This life is so hard
I've been beaten up and robbed
Soldier boy ain't got no job
Back in the world.

Had a long old stretch of sacrifice
Gettin' back home will be awful nice
"Child, your woman has long been gone."
The doggone war just lasted too long
People don't give a damn
People don't give a damn.

So I'm standin' here in future shock
It can give the mind an awful block
Talkin' about hard times, hard times, hard times
Back in the world.

My, my , my, my
It's so hard, it's so hard, it's so hard
This life is so hard.

"REVOLUTION WILL NOT BE TELEVISED" by Gil Scott-Heron, 1970





なあブラザー もはや家に閉じこもっていられない
テレビのスイッチをいれて くつろいでる場合じゃない
ヘロインで夢心地になってる場合じゃない
CM中にビールをとりに行ってる場合じゃない
なぜなら・・・革命はテレビ放送されないからだ

来るべき革命は テレビ中継されないのだ
革命は「ゼロックス社の提供でお送りしま・・・」せん
革命は「CM無しの四部構成でお届けしま・・・」せん
革命とは 映像化できないのだ
ニクソンが突撃ラッパを吹いて
ミッチェル司法長官だの エイブラムス軍司令官だの
アグニュー副大統領だの リバース議員だの
手駒たちが ハーレムの黒人教会の台所から
豚モツをカッパラってきてムシャムシャ食べる
・・・革命とはそんな映像のことではない
つまり革命とは 放送することができないのだ

革命てのはテレビドラマじゃねえぞ?
ビール会社が冠スポンサーになることもないし
ナタリーウッズも出演しないし
スティーヴマックイーンも出演しないし
ブルウィンクル(注:子供向けアニメキャラクター)も登場しないし
ジュリア(注:黒人向けホームコメディのお母さん)も登場しない

革命てのは歯磨き粉じゃねえぞ?
革命で「歯が白くなってセクシーになれま・・・」せん
革命てのはヒゲ剃りじゃねえぞ?
革命で「剃り残しナシになりま・・・」せん
革命てのは補正下着じゃねえぞ?
革命で「3キロ痩せて見えま・・・」せん
つまり なあブラザー
革命はテレビで放送されることはないのだ

アンタは大勢にまじって 買い物カートを押してひた走り
カッパラってきたテレビを盗難車の救急車へ必死に運び込む
・・・革命とはそんな映像のことではない
大統領選挙であれば 早くも午後8時32分
NBCテレビが早くも当確報道をだすだろうが
革命は予測も出来ないのだ
革命がテレビで放送されるはずがないのだ

革命はスポーツ中継じゃねえぞ?
黒人がポリ公に撃ち殺される映像を
「スローモーションでもう一度」・・・んなわけねえだろ
ホイットニーヤングが 流行のストレートパーマをあてて
ハーレムで市中引き回しの刑に・・・なる訳ないだろ
ロイウィルキンズが ついにアフリカ回帰運動を唱えて
三色ジャンプスーツを着てワッツ地区を練り歩く・・・はずないだろ
革命とはテレビで放送されないのだ

『農業天国』だの 『じゃじゃ馬億万長者』だの
こんなコメディドラマとアンタ自身に どんな関係があるんだ?
ソープオペラ『明日を探して』の二人は「結局ヤッちゃうのかな?」
そんなことを気にする主婦なんて居るのか?
すべての黒人は 明るい未来を求め
家に居残っていられなくなる
革命が 家まで届けられることは無いからだ

革命が起きれば 夜11時のニュースで流れると思うか?
アンタの革命は「ウーマンリブの女性は脇毛を剃りません」てか?
アンタの革命は「ジャッキーオナシスが人前で鼻をかみました」てか?
それからなあ
革命てのは BGMもついてないんだぞ?
ジムウェブだの フランシススコットキーズだの
によるオープニング音楽も無いし
グレンキャンベルだの トムジョーンズだの
ジョニーキャッシュだの イングルバートハンパーディンクだの
が唄う主題歌も無いぞ
革命というのはテレビで放送されないのだ

革命は「この続きはCMの後!」などと言わない
白くなる洗剤のCMだの
白い歯になれる歯磨き粉のCMだの
白い人達のCMだの
制汗クリームだの
速く走れるガソリンだの
よく汚れが落ちるトイレ洗剤だの
革命とはそんなものではない

革命は甘味飲料じゃねえぞ?
革命で「スカッと爽やか」にならない
革命は口内殺菌剤じゃねえぞ?
革命で「お口クチュクチュ」できない
しかし革命が起こったときには それこそ
「次はアナタが効果を実感する番です!」

革命はテレビ中継されない
革命はテレビ放送されない
もちろん再放送もできない

なあ兄弟よ

革命が起きるときはーーー目の前で起きるんだ





You will not be able to stay home, brother

You will not be able to plug in, turn on and cop out

You will not be able to lose yourself on skag and skip out for beer during commercials

Because the revolution will not be televised.


The revolution will not be televised.

The revolution will not be brought to you by Xerox in 4 parts without commercial interruptions

The revolution will not show you pictures of Nixon blowing a bugle and leading a charge by John Mitchell, General Abrams and Mendel Rivers to eat hog maws confiscated from a Harlem sanctuary

The revolution will not be televised.


The revolution will not be brought to you by the Schaefer Award Theatre and will not star Natalie Woods and Steve McQueen or Bullwinkle and Julia

The revolution will not give your mouth sex appeal

The revolution will not get rid of the nubs

The revolution will not make you look five pounds thinner

Because the revolution will not be televised, brother.


There will be no pictures of you and Willie Mae pushing that shopping cart down the block on the dead run

Or trying to slide that color TV into a stolen ambulance

NBC will not be able predict the winner at 8:32 on reports from 29 districts

The revolution will not be televised.


There will be no pictures of pigs shooting down brothers in the instant replay

There will be no pictures of Whitney Young being run out of Harlem on a rail with brand new process

There will be no slow motion or still life of Roy Wilkens strolling through Watts in a Red, Black and Green liberation jumpsuit that he had been saving for just the proper occasion.

The revolution will not be televised.


Green Acres, The Beverly Hillbillies and Hooterville Junction will no longer be so goddamned relevant

And women will not care if Dick finally screwed Jane on Search for Tomorrow

Because Black people will be in the street looking for a brighter day

The revolution will not be televised.


There will be no highlights on the eleven o'clock news

And no pictures of hairy armed women liberationists and Jackie Onassis blowing her nose

The theme song will not be written by Jim Webb or Francis Scott Keys, nor sung by Glen Campbell, Tom Jones, Johnny Cash or Englebert Humperdink

The revolution will not be televised.


The revolution will not be right back after a message about a white tornado, white lightning, or white people

You will not have to worry about a dove in your bedroom, a tiger in your tank, or the giant in your toilet bowl

The revolution will not go better with Coke

The revolution will not fight the germs that may cause bad breath

The revolution will put you in the driver's seat.


The revolution will not be televised

Will not be televised

Will not be televised

Will not be televised

The revolution will be no re-run, brothers


The revolution will be live.

"Someday At Christmas" by Stevie Wonder, 1967



何年後かのクリスマスには
子供が大きくなって おもちゃ遊びを卒業するみたいに
人類は成長して 爆弾あそびを止めるだろう
何年後かに あたたかい12月がきて
やっと世界に自由がもたらされるだろう

何年後かのクリスマスには
すべての戦争が終わるだろう
クリスマスの真の意味を理解して
人の命の大切さに気づくとき
やっと地球に平和が訪れるだろう

いつか みんなの夢がかなう日がくる
いつか 人類が苦しみから逃れる日がくる
僕や君たちはもう居ないかもしれないけど
何年後かのクリスマスの頃にね

何年後かのクリスマスには
子供がお腹をすかせることもない
貧しい人もいない
ある朝 いい気持ちで目覚めると
誰もがそれぞれを支え合う
そんな世の中になっている

何年後かのクリスマスには
涙を流すこともなくなる
差別もない 恐れるものもない
瞬間はきらめき 祈りを捧げれば
現世の苦しみから別れることができる

いつか みんなの夢がかなう日がくる
いつか 誰もが苦しみから逃れる日がくる
僕や君たちはもう居ないかもしれないけど
何年後かのクリスマスの頃にね

何年後かのクリスマス
愛がかならず克つことを知る
もう希望を捨てることはない
全員が希望を胸に 新しい世界をつくる

僕や君たちはもう居ないかもしれないけど
何年後かのクリスマスの頃にね
何年後かのクリスマスの頃にね


Someday at Christmas men won't be boys 
Playing with bombs like kids play with toys
One warm December our hearts will see 
A world where men are free. 

Someday at Christmas there'll be no wars
When we have learned what Christmas is for
When we have found what life's really worth
There'll be peace on earth.

Someday all our dreams will come to be
Someday in a world where men are free
Maybe not in time for you and me
But someday at Christmastime. 

Someday at Christmas we'll see a land
With no hungry children, no empty hand
One happy morning people will share 
Our world where people care. 

Someday at Christmas there'll be no tears
All men are equal and no men have fears
One shinning moment one prayer away 
From our world today. 

Someday all our dreams will come to be
Someday in a world where men are free 
Maybe not in time for you and me
But someday at Christmastime.

Someday at Christmas man will not fail
To take hope because your love will prevail 
Someday a new world that we can start 
With hope in every heart. 

Maybe not in time for you and me
But someday at Christmastime
Someday at Christmastime.

WHAT'S GOING ON(マーヴィンゲイ 1970年)

 

"WHAT'S GOING ON" by Marvin Gaye, 1970




おおぜいの母親が涙を流している
おおぜいの若者が命を落としている
いまこそ慰めの心を広められないのかな

父さん 落ち着いて話し合おうよ
戦争したって意味がない
憎しみに対抗できるのは愛だけ
いまこそ人への思いやりを広められないのかな

デモで行進する人びと デモのプラカード
警棒でぶたないで
僕たちの主張を耳を傾けてほしい そうすれば分かる
何が起きているのか
何が起きているのか

母さん 若者は何も分かってないって言われるけど
髪型だけで人を判断するほうこそオカシイよ
もっとお互いを理解できるようになれないのかな

デモで行進する人びと デモのプラカード
警棒でぶたないで
僕たちの主張に耳を傾けてほしい そうすれば分かる
何が起きているのか
何が起きているのか(教えてよ)
何が起きているのか(教えてあげる)
何が起きているのか
そうだ そうだ


Mother, mother, there's too many of you crying
Brother, brother, there's far too many of you dying
You know we've got to find a way
To bring some loving here today

Father, father, we don't need to escalate
You see, war is not the answer for only love can conquer hate
You know we've got to find a way
To bring some loving here today

Picket lines and picket signs (Sister, sister)
Don't punish me with brutality (Sister, sister)
Talk to me, so you can see
What's going on
What's going on

Mother, mother, everybody thinks we're wrong
But who are they to judge us simply because our hair is long?
You know we got to find a way
To bring some understanding here today

Picket lines and picket signs (Mother, mother)
Don't punish me with brutality (Mother, mother)
Come on and talk to me, so you can see
What's going on
What's going on
Tell me what's going on
I tell you what's going on
Right on, right on



『ジェームズ・ブラウン 最高の魂を持つ男』
を10倍たのしく観る方法(五回シリーズ)

第一回 ボストンガーデン事件


 ジェイムズブラウンのキャリアの中で、最もモニュメンタルな日といえば、やはり1968年の4月5日(金曜日)でしょう。なにしろ、この日の出来事だけに焦点をあてたドキュメンタリがあるほどです。そのドキュメンタリ『The Night James Brown Saved Boston』(ジェイムズブラウンがボストン市を救った日)はDVDで入手可能です。




 当然、この日のことは、『最高の魂をもつ男』でも採りあげられ、なかなか精巧な再現シーンがくりひろげられます。途中のジェイムズブラウンの演説は、一字一句がかなり忠実に再現されていますから、その再現性をお楽しみください。


 1968年4月5日、何があったか? この日は、アメリカ史上もっとも大規模な黒人暴動が、全米の各都市で大発生した日でした。それは、前日の4月4日木曜日の午後六時、キング牧師がテネシー州メンフィスで暗殺されたからです。その暴動で「各都市が"焼け落ちた"」と言われたくらい、たいへんな日だったのです。


 「非暴力」を掲げて、アメリカ黒人の希望を一身に背負っていた指導者、キング牧師までもが凶弾に倒れたとなると、「もはや白いアメリカと黒いアメリカが《融和》することなど絶望的だ。アメリカに未来は無い」と当時の人々(とくに黒人)は誰しも思ったでしょう。
 かくして各地で暴動がおこります。怒れる黒人や、その空気に便乗した黒人の子供が街にでて、放火したり強奪をしたりしてしまうのです。

Riot53010286.jpgのサムネール画像

riot.jpgのサムネール画像

 しかし、なんと、マサチューセッツ州ボストン市だけは暴動が発生しなかった、というのです。その日、4月5日は、黒人エンタテイメント界のスーパースター、ジェイムズブラウンの一行がアリーナ「ボストンガーデン」で公演を予定していたのです。

05_02_010658.jpg

 キング牧師暗殺の知らせを受けて、ボストン市長・ケビンホワイトは公演の中止を要請します。まさに非常事態ですので当然の行動だったでしょう。しかしジェイムズブラウンは、「間違っている。もし公演を中止したら、すでにチケットを買ってショーを楽しみにしていた子供達がストリートに飛び出て、さらに暴動が大きくなるに違いない」と主張します。だから、公演をそのまま行うことが、ボストン市のためになるし、子供たちのためになる、黒人コミュニティを守ることになるし、市長の利益にもなる。当然ながらジェイムズブラウンのためにもなる、というわけです。

tomatkins.jpgのサムネール画像
(写真左から:市会議員トムアトキンス、JB、ボストン市長ケビンホワイト)

 果たして、公演は、市長の同意を得て、開催されました。しかもテレビで生中継されました。(だからテープが残っていて僕たちは現在このコンサートを見ることができる。)子供達は家にとどまってテレビを見るように、という考えでした。さらに、このことは最終的には色々な意味で大成功して、その晩はずっと朝まで数回にわたって同じコンサートを再放送し続けたのでした。

ボストン公演より。「Cold Sweat」を歌うJB。

見せ場のひとつ。クライドスタブルフィールドのドラムソロ。

 「色々な意味で大成功して」と書きました。市長とブラウンを仲介した市議会議員のトムアトキンス(写真左)は立役者として手柄をたてたし、ボストン市長はテレビで黒人の家庭に向けて演説をして、「黒人に親和的な市長」を印象づけました。ジェイムズブラウンは市長のことを紹介するとき、「Swingin cat(ノリのいい野郎)」と言って、煽りました。ホワイト市長は非常時に乗じて黒人票を獲得したわけです。そしてジェイムズブラウンは「(アメリカの各都市で州兵が出動していた事態だったのに)一人で暴動を鎮めた男」として記憶されるにいたったのです。

james-brown-chadwick.jpg
映画『最高の魂を持つ男』における再現シーンではチャドウィックボウズマンが熱演。

 さらにコンサートの最中に、事件が発生します。正確に言うと、「大事件が勃発しかけた」のです。
 コンサートの後半、子供達がステージに飛び乗ってきたのです。それだけなら、JBショーで珍しくない光景だったでしょう。ところが、その子供を警官が突き飛ばしたのです。その日は特別に多くの警官がステージ脇で構えていました。「白人の警官が黒人の子供を突き飛ばしている」という映像がテレビに流れてしまいました。これは最悪です。暴動をストップさせるどころか、テレビを観ている子供たちに「外出して警察に石を投げろ」と言っているようなものです。
 そのあとどうなったか、実際の映像でお楽しみください。


 どうして良いか分からず過剰に反応する警官を、ジェイムズブラウンが制止します。「オーディエンス 対 警察」の大惨事となることを避けるためです。自分の意思で子供たちが席に戻るところをテレビで放送しなければならなかったからです。

 この記事の最後に、この歴史的なやりとりのジェイムズブラウンの言葉を書き出してみました。英語としては易しいですが、なにぶんジェイムズブラウンは聞き取りにくいので......。とくに「We're Black! Don't make us all look bad.」(俺達は黒人だ! カッコ悪いところを見せるんじゃない。)というところ。雰囲気を味わっていただければ幸いです。

(ちなみに、少し違いますが、『Wattstax』におけるルーファストーマスも同じようなことになってましたね。似たような言葉で皆をなだめるところにアツいものを感じます。)


 いかがでしたか。これが「ジェイムズブラウン」のクライマックスのひとつです。そしてこれは「終わりの始まり」でもありました。ジェイムズブラウンは、「暴動を止めた男」としてさらに大きくなってしまい、「アメリカで最も影響力のある黒人」として祭り上げられました。そして彼は、権力から恐れられ、利用され、捨てられた、と言ってよいと思います。国税庁からの追徴課税の問題はこの年(68年)に始まり、68年暮れの大統領選の民主党支持、1972年の共和党支持を経て、最終的には70年代半ば、国税庁(IRS)から450万ドルの課税で告訴されます。そうしてジェイムズブラウンは葬り去られ、長い冬の時代を迎えることになりました。不屈の精神で返り咲く1980年代中期まで。

LOOK1969.jpg
LOOK誌1969年2月号 ジェイムズブラウン特集「彼がアメリカで最も重要な黒人なのか?」

   *   *   *   *

(書き起こし)
Wait a minute. I'll be alright. I'll be fine.
I'm alright. I'm alright.

Do you wanna dance? Dance.

Wait a minute. They are alright. That's alright.
It's alright. It's alright.

Wait a minute. Let me finish the show for everybody else, alright? 
Let me finish the show for everybody else, okay?
Okay fellows. Thank you very much. Thank you.
Let me finish the show. Come on, everybody wanna see the show.
Well, go down now. Go down, fellows.
Wait a minute, we got a show for you, young men and young ladies.
wait a minute. Now, wait!
Ladies and gentlemen, wait a minute! Wait!
Can I please have your attention.
This is no way. We are Black. We are Black!
Now wait a minute.
Can't y'all go back down and let's do this show together?
We're Black. Don't make us all look bad. 
I'm doing a show. Come off the stage.
Sit down now. Be a gentleman.
Now, all of you. wait a minute, wait a minute, son.

Why you're up here? Do you wanna see the show?
Why don't you go down, son, and let me do the show.

No, that's not right. 
Let's represent our-own-self. Let's represent our-own-self.
Step down. No, no, that's not right.
You're making me look bad because I had to ask the police to step back, and you wouldn't go down.
No, no, that's wrong.
You're making me...
You're not being fair to yourself and me either.
You're not being fair to yourself and me at all your waste
I asked the police to step back because I think I could get some respect from my own people.
Don't make sense.
Now we are together, or we ain't?
Get that thing, man...

おい待て 俺なら大丈夫 俺は大丈夫
俺は大丈夫 俺は大丈夫
踊りたいのか? じゃあ踊りな
おい待て こいつらは大丈夫だよ 問題ない
大丈夫だと言ったら大丈夫だ

待ってくれ ショーの続きがある
ショーの続きを観たいんだろ
みんな ありがとう ありがとう
待ってくれ ショーをやらせてくれ お兄さん お姉さんも
待ってくれ おい 待って
紳士淑女の皆さん 待ってくれ おい!
頼むから俺のことを聞いてくれ
おかしいぜ 俺達は黒人だろ? 俺達は黒人だろ?
おい 待ってくれ
おい席に戻って ショーを一緒にやりなおそうぜ
俺達は黒人だろ? こんなのカッコ悪いぜ
ショーをやるんだ ステージから下りてくれ
席に戻って 大人しく
みんな 待ってくれ 待ってくれ
君は何故ここに上がってるんだ? ショーを観たいんだろ?
下りてくれ ショーをやるから
こんなの間違ってる
黒人のいいところ見せようぜ 黒人のいいところ見せようぜ
早く下りてくれ こんなのは間違ってる
俺は恥をかいちまったぞ
警察に下がってもらったのに 今度はお前達が言うことを聞いてくれない
こんなの間違ってる
自分自身を傷つけてるぞ 俺も傷つく
自分自身を傷つけてるぞ 俺も傷つく なんの得にもならない
同じ黒人だから 耳を傾けてくれると思ったから
警察に下がってもらったのに・・・
そんなの間違ってるだろ?
よし 俺達は結束したか? どうだ?
いくぞ
(曲:I Can't Stand Myself)

こちらの記事は、ほぼそのまま下記へ転載しました。

http://osakamonaurail.com/nakata/2018/12/post-177.html



-------------------------

 名曲「I Got So Much Trouble」が録音されたのは、19723月のこと。メリーランド州シルバースプリングスにある「トラック・レコーダーズ・スタジオ」だそうです。メンバーは下記のとおり。


Sir Joe Quarterman (vocal & trumpet)

George "Jackie Lee" (guitar)

Chrles Steptoe (drums)

Willie Parker, Jr. (rhythm guitar)

Gregory Hammonds (bass)

Karissa Freeman (keyboard)

Leon Rogers (sax)

Johnny Freeman (trombone)


 そうなんです、サー・ジョー・クオーターマンって、作曲編曲とボーカルはもちろんなんですが、トランペット奏者だったのです。この「I Got So Much Trouble」冒頭の印象的なリフで「プゥア~」と音程をわざと少し下げて吹いているのはサージョーさん本人だったのです。(これがモダンかつブルージーな雰囲気をつくっていて、とても良い。)

5288_100315523313941_2825435_n.jpg

1916926_100315516647275_6810710_n.jpg


 歌とトランペットの両方を担当していますが、この二つは同時に鳴っています。オーバーダビングですね。時はすでに1972年。マルチトラック・レコーディング(つまりオーバーダビングが可能)が一般的に普及した時期です。(この「So Much Trouble」のようなインディーでもマルチ録音なわけですから。)16トラックのテープレコーダーを使ったのだろうと思います。1970年代の幕開けっていう感じですね。

 これはちょっと重要じゃないかと僕は思います。というのは、よく聴くと、この曲(それから後のアルバムの他の曲すべてそうですが)アレンジがとても良くできているんです。アレンジと各楽器の音量バランスが緻密につくられている。かなりの部分が楽譜におこされたうえで演奏されているような雰囲気です。(60年代のジェイムズブラウンのFunkなどとは正反対の世界ですね。)

 ジョーさんによると、この曲だけを録りおえるのに、なんと丸一日を費やしたそうです。これは当時としては、しかも駆け出しのアーティストとしては異例の長時間レコーディングではないでしょうか。サウンド・曲の設計図が頭のなかで出来上がっていたんでしょうね。コダワリのサウンドです。

 「たんにギグのオファーが来るようにレコーディングをしたんだ。プロモーター(興行主)に我々のサウンドを聴かせたかった」とサージョーさんは語っています。地元ワシントンD.C.や、東海岸・南部のほうへ足をのばすために「名刺がわり」として録音したのでした。まさかこのシングルがヒットするなんて思っていなかったんですね。

 はじめはナイトクラブや地元ラジオ局で人気がでてきて、そのあと全国流通されることによってブレイクし、最終的にはビルボードR&Bチャート30位を記録しました。


1916926_100316363313857_1658065_n.jpg



 シングルが評判だったので、アルバムを作るように言われたサージョーは、今まで書きためていた曲に修正を加えてレコーディングに取りかかりました。1972年11月にアルバムは完成して、1973年のはじめに発売されました。GSFはメジャー流通でしたが、お金をかけてプロモーションする気はなかったようです。しかしジョーさんによると「アルバムは口コミでうまくいくんじゃないかって思ってたんだ。ドンコーネリアス(テレビ番組『ソウルトレイン』の司会者・プロデューサー)にニューヨークのパーティーで会ったとき、《君のアルバムは特別にズバ抜けている。グラミーの可能性だってあると思う》って言ってくれたんだ」とのこと。

 ソウルトレインで「So Much Trouble」が流れたときの模様はこちら。


 ドンコーネリアスは応援してくれていたんですね。しかし残念ながらアルバムのセールスが伸びることはありませんでした。そしてこのアルバムは忘れ去られてしまったのです。なんと20年も経ってからDJやレコードコレクターに再発見されて大ブレイクするまでは。


 アルバムには、こんな曲も収録されています。「自分自身を見つけよう/厳しい社会のなかで大変だけど/本当の自分を見つけよう」というメッセージ・ソングです。



 あとで触れますが、アルバムのあと70年代中期にはシングルを残しています。そのうちの一つがフロアライクなこの曲です。

 


    *   *   *   *


5288_100315189980641_1361131_n.jpg

 さて、サー・ジョー・クオーターマンは1944年ワシントンDC生まれのようです。ワシントンDCは「チョコレートシティ」と呼ばれるくらい黒人の割合が多いところで、黒人文化とくに音楽がさかんな場所です。なんと約50パーセントが黒人といわれています。(ホワイトハウスや連邦議会がある首都で、政治家やロビイストが生息しているところ、というイメージが強いかもしれませんが、どうやらそれは東京でいう永田町や霞ヶ関のような調子で、街の一部分ということなんでしょうか。)

 全米屈指の「黒人大学」であったハワード大学もここにあります。そして、後にチャックブラウンという英雄を生んで、ファンクの別の顔「ゴーゴー」がいまでも受け継がれている街です。


 若きジョーは1950年代のワシントンDCを、教会の合唱団やストリートで過ごしたそうです。子供のころからレイチャールズ、エルビスプレスリー、フランキーライモンなどから影響を受けて歌の才能を伸ばしました。中学生でトランペットを吹き始める前は、少年団でビューグル(軍隊ラッパ)を吹いていたそうです。高校生のとき初めての自身のバンド「The Knights」を組んだそうです。そのバンド名に応じて栄誉称号「サー」(勲爵士)というステージネームを使いだしたそうです。「この名前には深い意味は無いんだ。あの当時は、高貴なステージネームをつけて目立とうとするのが流行ってたのさ。《デューク(公爵)》とか《カウント(伯爵)》とか《ロード(卿)》などね。《サー》を選んだのは、僕の知る限りでは誰もそれを使っていなかったからさ」。

 なるほど、そういえば、古くはデュークエリントンやカウントベイシー、それからアール(伯爵)ハインズとか。B.B.キングなんかもこのジャンルに入るのかな? そういう黒人音楽の伝統があるみたいですね。しかし、それにしては時代が違いすぎるゾ。そういったもののリバイバルってことだろう。とりあえずそう理解しておこう。そういう名前を名乗るのが、ミュージシャンがストリートでキザに振る舞う一つのスタイルだったってことなんだろうナ。


 The Knightsがレコーディングを始めてまもなく、地元レーベルのオーナーであるローランドコヴェイ(ドンコヴェイの兄弟)に、女性ボーカルを加えようと言われたらしく、それが元でこのバンドは解散してしまいました。

 次に「サージョー&メイデンズ」というグループを結成。「Pen Pal」というローカルヒットをだしました。ジェリーバトラー、メイジャーランス、インプレッションズといった、ワシントンDCにやってくるソウル界のスターの前座で演奏したそうです。

 くわえて地元では人気のあった「The El Corols Band」にトランペットと歌担当で加入します。スティーヴィーワンダー、レイチャールズ、ナットキングコール、ディオンヌワーウィック、テンプテーションズ、スモーキーロビンソン、グラディスナイト&ピップス、オーティスレディングなどのスターのバックバンドを務めたそうです。このバンドは「The Magnificent Seven(荒野の七人)」というグループになり、ツアーで全国を廻っていました。リトルリチャードやソロモンバークのバックを務めたことがあるそうです。

 しかしバックのバンドメンバーに徹することに疲れたサージョーはヴァージニア州ピーターズバーグに移住します。そこでヴァージニア州立大学へ入学して、トロージャン・エクスプロージョン・マーチングバンドと学内の交響楽団に入りました。「僕の音楽教育のほとんどはピーターズバーグで得たものだよ」とジョーさん。日銭を稼ぐために、バージニアの州都リッチモンドでのたくさんの地元バンドで演奏し、週末にはチトリンサーキット(アメリカ南部の黒人ナイトクラブやライブハウスを巡業すること)をまわったそうです。

 1966年に、ジョーはワシントンDCに戻ります。The Uniquesの音楽監督の仕事の話があったり、地元のジャズグループ「Orlando Smithクインテット」に参加しました。ジャズの技術を身につけて自信がついたことにより、ついに自身の新しいグループの結成を決意します。「その頃ジェイムズブラウンは本当に大きな存在で、みんなファンクに夢中になり始めていたんだ。僕もやってみたかったんだが、ただのコピーはやりたくなかった。自分らしさを表現したかったんだ」。

 「ファンクをやる」という明確なコンセプトで1969年に結成されたその新しいバンドこそ、「サー・ジョー・クオーターマン&フリーソウル」でした。(つづく)


1916926_100316349980525_5696908_n.jpg





こちらの記事は、ほぼそのまま下記へ転載しました。

http://osakamonaurail.com/nakata/2018/12/post-177.html


ーーーーーーーーーーーーー

驚かないでください! 12月27日開催のIN BUSINESSのスペシャルゲストが今日、発表になりました!

なんと、あのFUNKレジェンド、SIR JOE QUARTERMANの初来日です!

せっかくなので、ここでサー・ジョー・クオーターマンのことを色々と紹介してみたいと思います。
サー・ジョーと言えば、もちろんこの曲です。

"(I Got) So Much Trouble In My Mind"

Sir Joe Quarterman & Free Soul


初めて聴いたときの衝撃は忘れられません。レアグルーヴ・クラシックとして、Bobby Byrd "I Know You Got Soul" とタメをはるかんじです。1991年くらいだったかレコード屋で初めて聴きました。

アメリカで小ヒットを果たした1973年から四半世紀も経った1980年代終わりごろ、「レアグルーヴ」として、突然イギリス・ロンドンのクラブシーンやラジオで人気がでて大カムバックを果たしたんですね。(僕はそのころ田んぼだらけの奈良県で高校生やってましたんで、そんな現場は知るはずないですが。)

ちなみに本人がそういったリバイバルのことを知ったのは1990年代の後半になってからでした。


録音されたのは1972年の暮れみたいです。時代は「ファンク(的なもの)」がもはやメインストリームになっていた頃と思います。スティーヴィーワンダーは「Talking Book」。JBは「There It Is」とか「Get On The Good Foot」「Doing It To Death」など。「スーパーフライ」「110番街交差点」。そして大ヒット「裏切り者のテーマ」。
JBサウンドをひきあいに出すなら、リンコリンズの「Think」あたりの「アレンジがしっかり詰めてある完成度高い〝歌ものファンク〟」っていう雰囲気が共通の時代感を持っているように思いますがどうでしょうか。
加えて、いわゆる「ニューソウル」的な、ハーモニーがリッチで、歌詞にベトナム戦争のことがでてきたり、というあたりがこの曲の聴きどころでしょうか。
このポップ感とファンキー感のブレンドが、90年前後の僕たちにド真ん中に響いたんだと思います。

ジャケットの印象的なイラストは本人によるもの。「こういうジャケットにして欲しい」とレコード会社にアイデアを伝えるために描いてみせたら、なんとそのまま使われてしまったというエピソードです。
タイトル曲の歌詞どおりに、サー・ジョーたちの頭の中にいろんな「トラブル」がある、というイラストです。(裏ジャケの写真も「夢見る地元バンド」感があってイイですね〜。)

h1-h4-2.jpgback.jpg


せっかくなんで、この「いろんなトラブルがあって頭がいっぱいだよ〜」という歌詞を書き出してみました。

  *   *   *

I got so much trouble in my mind
I got so much trouble in my mind
トラブルだらけで頭がいっぱいなんだ
トラブルだらけで頭がいっぱいなんだ

give me the strength to carry on
give me the strength to carry on
cause everything I got is just about gone
I think about it, I think about it, I think about it
I got to shout!

もう耐えられない 力をお与えください
もう耐えられない 力をお与えください
すべてがダメになりそう
心配だ 心配だ ああ心配だ 叫びたいよ

I got so much trouble in my mind (Repeat)
トラブルだらけで頭がいっぱいなんだ (くりかえし)

I got an eight hour job
I got an eight hour job
everyday my work gets so hard
and I worry about it, I worry about it, I worry about it
I got to shout!

いまの仕事は一日八時間なんだ
いまの仕事は一日八時間なんだ
それが毎日どんどんキツくなっていく
気が滅入る 気が滅入る ああ気が滅入る 叫びたいよ

look here, there is:
air pollution, much confusion, drug addiction, no convictions
vietnam war, junkies at your door
I got so much trouble in my mind (Repeat)

聞いてくれよ 問題だらけだ
大気汚染 社会混乱 麻薬中毒 社会不安
ベトナム戦争 ジャンキー強盗
トラブルだらけで頭がいっぱいなんだ (くりかえし)

marriage I thought I never bother
marriage I thought I never bother
Now my girl tells me I am a father
and I dream about it, I dream about it, dream about it
I got to shout

結婚なんて一生ないと思ってた
結婚なんて一生ないと思ってた
なのにガールフレンドが「あなたの子供がお腹に」だって
楽しみだ 楽しみだ ああ本当に楽しみだ 叫びたいよ

I got so much trouble in my mind (Repeat)
トラブルだらけで頭がいっぱいなんだ (くりかえし)

  *   *   *

最後に、この曲は当時ヒットだったのか、そうでないのか?

後述しますけれど、シングルとしてはビルボードR&Bチャート30位を記録しています。
「スーパーヒット」とはいいがたいですが、FUNKの聖地の一つであるワシントンD.C.で、地元の人気バンドがここまで駆け上ったということで相当盛り上がっていたんじゃないでしょうか。そのヒットを受けてアルバムがつくられたんですね。

しかしアルバムのほうは(内容は傑作といえるものですが)セールスは芳しくなかったのです。

レコード会社であるGSFも宣伝費をかけてプロモーションする気はなかったのです。なにせジャケットデザインを、本人の落書きで済ましてしまう(本人の承諾もなく)くらいですからねえ。


そんなわけで、12/27のサー・ジョー・クオーターマン初来日をお楽しみに!
これから、合計4回ほど(?)にわたり、サー・ジョーのお話をしていきたいと思います。

(↓もしかして世界初公開かも、、、? これが、Sir Joe Quarterman & Free Soulのライブ写真だ! おーッ!)

5288_100315493313944_3178239_n.jpg


今回は、皆さんご存知の基本情報でした。
次回からは、もうすこし突っ込んだストーリーを探ってみたいと思います。
サー・ジョーの地元であるワシントンD.C.のことや、アルバム全体のこと、サー・ジョーさんの物語(60年代、70年代後半や80年代)、などなど、盛りだくさんで「予習」をしてまいりたいと思います。

よろしくおねがいします。


<<前のページへ 23456789101112

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ