音楽と関係ある度:★★★★★の最近のブログ記事

RESPECT YOURSELF by The Staple Singers, 1971



(パップ)
困った時に助けてもらう仲間にさえ
敬意を払うことも出来ないヤツ
そんなこともじゃあ いったいぜんたい
オレ達が敬意を払われる時代なんて来るだろうか?

聖書を手にする者に
見て見ぬふりをするアンタ
そちらの手は借りないから
他所へ行ってくれるがいいさ。

何をしても一人よがりで
みんなの足をひっぱるタイプのキミ
さてはKKKの友達だな?
もう古い時代は終わったんだよ。

 仲間を大切にしよう
 仲間を大切にしよう
 〈君自身〉を大切にできないようじゃ
 オレ達はいつまで経っても大切にされないだろう

 オレ達の仲間を大切にしよう
 〈自分自身〉を大切にしよう

(メイヴィス)
産まれて来たってだけで
タダでなんでも貰えると思ってるアンタ
産まれて来たときと同様
スッカラカンで死ぬでしょうよ。

大気汚染が政府のせいだとか
文句ばかり言ってるプー太郎
そんな暇があるなら
咳をするとき 自分の口に手をあててみたら?
少しは他人様の役に立てるかもね。

名前も思い出せない女のことを
悪態ついてる男ども
そんなことでエラくなったつもり
一体どこまで馬鹿なんだろ?

 仲間を大切にしよう
 仲間を大切にしよう
 〈あなた自身〉を大切にできないようなら
 私たちはいつまで経っても大切にされないでしょう

 私たちの仲間を大切にしよう
 〈自分自身〉を大切にしよう



If you disrespect anybody that you run in to
How in the world do you think anybody's supposed to respect you?
If you don't give a heck about the man with the bible in his hand
Just get out the way and let the gentleman do his thing
You the kind of gentleman that want everything your way
Take the sheet off your face, boy, it's a brand new day

Respect yourself
Respect yourself
If you don't respect yourself
Ain't nobody gonna give a good cahoot
No, no, no
Respect yourself
Respect yourself

If you're walking around thinkin that the world owes you something because you're here
You're going out the world backwards like you did when you first come here
Keep talkin' about the president, won't stop air pollution
Put your hand on your mouth when you cough, that'll help the solution
You cuss around women and you don't even know their names
Then you're dumb enough to think that'll make you a big old man

Respect yourself
Respect yourself
If you don't respect yourself
Ain't nobody gonna give a good cahoot
No, no, no
Respect yourself
Respect yourself

TO BE YOUNG, GIFTED AND BLACK by Nina Simone, 1969



若くて、才に恵まれ、黒人として生きる
なんと素敵でかけがえのない望みでしょう
若くて、才に恵まれ、黒人として生きる
この言葉に心をひらいてください

この世界じゅうには何億人という
男の子や女の子がいて
幼くて、希望に満ち、黒人として生まれた
それは紛れもない事実!

若くて、才に恵まれ、黒人として生きる
若者たちへ大人が伝えてゆきましょう
あなたたちは
とても若くて、希望に満ち、黒人として生きる
世界が両手をひろげて待っています
人生の旅が始まったばかり

気持ちが鬱ぎ込んでしまったとき
この偉大な真実を思い出してほしい
若くて、才に恵まれ、黒人として生きる
あなたの魂はぜったいに負けない!

若く、才を授かり、黒人として生きて
長いあいだ真実を探し求めた
過去を振りかえることもあった
子供のころの暗い時代に囚われていた
でも今は違う
私たち全員が大きな声で言える時代が来た

若く、才を授かり、黒人として生きる
それってカッコいい!
それってカッコいい!
それってカッコいい!



To be young, gifted, and black
Oh what a lovely precious dream
To be young, gifted, and black
Open your heart to what I mean.
In the whole world you know
There's a million boys and girls
Who are young, gifted, and black
And that's a fact!

You're young, gifted, and black
We must begin to tell our young:
There's a world waiting for you
Yours is the quest that's just begun.

When you're feeling really low
There's a great truth that you should know:
When you're young, gifted, and black
Your soul is intact!

To be Young, gifted, and black,
Oh how I long to know the truth
There were times when I looked back
And I am haunted by my youth
But my joy of today
Is that we can all be proud to say:
To be young, gifted, and black
Is where it's at!
Is where it's at!
Is where it's at!



EVERYDAY PEOPLE by SLY & THE FAMILY STONE, 1968



(スライ)
僕が本当に正しいかどうかなんて
そんなことは分からないけど
自分の信じることを歌にして届けるよ
お肉屋さん 銀行屋さん バンドマン・・・
職業なんて関係ないさ
僕も みんなと同じ普通の人間なんだ!

(ローズ)
ブルーな子とハッピーな子がおりまして
そのブルーな子が ハッピーな子を妬んでるんです
そのハッピーなほうには 恋人がおりまして
その恋人は 太り気味なんです
その太り気味の子は 痩せてる子を羨んでるです。
・・・いろんな人がいて それぞれ長所もいろいろなんだから
 ああでもないとか こうでもないとか
 ワンワンとか ニャーニャーとか
とにかく ケンカせずに生きていかなきゃ!

(スライ)
僕は君より優っていない
君も僕より優っていない
君も僕も誰でも 同じなんだよ
僕のファンの人 僕のこと嫌いな人
僕たちの音楽を聴いたことある人 聴いたことない人
でも結局 僕の頭の中までは誰も分からないでしょ?
僕も みんなと同じ普通の人間なんだ!

(ローズ)
髪の長い人(若者)がおりまして
髪の短い人(年配者)と仲よくできないんです
髪の長いほうが言うことには
髪の短いほうは おカネを持ってる人達なわけで
持ってる人達は 持ってない人達を助けるべきなわけで
貧しい人達は まだまだ助けてもらえていないわけで。
・・・いろんな人がいて それぞれ長所もいろいろなんだから
 ああでもないとか こうでもないとか
 ワンワンとか ニャーニャーとか
とにかく ケンカせずに生きていかなきゃ!

(ローズ)
黄色い人がおりまして
黄色い人は 黒い人を嫌ってるんです
その黒い人は 赤い人を嫌ってるんです
その赤い人は 白い人を嫌ってるんです。
・・・いろんな人がいて それぞれ生き方もいろいろなんだから
 ああでもないとか こうでもないとか
 ワンワンとか ニャーニャーとか
とにかく みんな普通の人間なんだ!


Sometimes I'm right and I can be wrong
My own beliefs are in my song
The butcher, the banker, the drummer and then
Makes no difference what group I'm in
I am everyday people!

There is a blue one who can't accept the green one
For living with a fat one, trying to be a skinny one
Different strokes for different folks
So on and so on and scooby dooby dooby
Woo sha sha. . .
We got to live together!

I am no better and neither are you
We are the same whatever we do
You love me, you hate me, you know me and then
You can't figure out the bag I'm in
I am everyday people!

There is a long hair that doesn't like the short hair
For being such a rich one, that will not help the poor one
Different strokes for different folks
And so on and so on and scooby dooby dooby
Woo sha sha. . .
We got to live together!

There is a yellow one that won't accept the black one
That won't accept the red one, that won't accept the white one
Different strokes for different folks
And so on and so on and scooby dooby dooby
Woo sha sha. . . 
I am everyday people!

LIFT EVERY VOICE AND SING(アメリカ黒人国家)

 
"LIFT EVERY VOICE AND SING"(アメリカ黒人国家)
一人残らず声を そして歌おう



(キムウエストン、1972年「ワッツタックス」)


一人残らず声をあげて歌いましょう
自由の大合唱が 天と地を響き揺らす
我らが喜びの声は 空まで昇り
ついに 荒波にも負けぬ轟音となるでしょう

さあ 歌いましょう
暗い過去から学んだ信仰の歌を
さあ 歌いましょう
明るい現在が導く希望の歌を
新しい一日が始まり
朝日に顔を照らしながら
栄光を勝ち取るまで
ともに行進しましょう

石ばかりの険しい道を歩いてきた
奴隷を打つこん棒の痛みに耐えてきた
かすかな望みさえ死に絶えていた あの頃
しかし 歩みは確かに刻まれ
疲れきった脚を引き摺り やってきたのだ
私たちの先祖が夢みていた この場所へ

さあ 栄光を勝ち取るまで行進しましょう
さあ 栄光を勝ち取るまで行進しましょう



Lift every voice and sing
Till earth and heaven ring

Ring with the harmonies of Liberty

Let our rejoicing rise

High as the listening skies

Let it resound loud as the rolling sea.


Sing a song full of the faith that the dark past has taught us

Sing a song full of the hope that the present has brought us
Facing the rising sun of our new day begun

Let us march on till victory is won.



Stony the road we trod
Bitter the chastening rod

Felt in the days when hope unborn had died

Yet with a steady beat
Have not our weary feet

Come to the place for which our fathers sighed.
Let us march on till victory is won

Let us march on till victory is won.
'I DON'T WANT NOBODY TO GIVE ME NOTHING - OPEN UP THE DOOR, I'LL GET IT MYSELF' by James Brown, 1969



オレは何も要らない
扉を開けてくれ 自分の力で手に入れる
誰からも施しは受けない
扉さえ開けてくれたら 自分で掴んでみせる。

人種融合は要らない 必要なのは真の人種交流だ
哀れみは要らない 必要なのは機会の平等だ
そうすれば明日から食って行ける
学校を建てろ 図書館をつくれ
そうすれば黒人の歴史を学んで 本当の黒人像を示すことができる。

オレは何も要らない
扉を開けてくれ 自分の力で手に入れる
誰からも施しは受けない 
扉さえ開けてくれたら 自分で掴んでみせる。

死にものぐるいで頑張っている者がいる
同情を買うためにやってるんじゃない
「黒人」ではなく「人間」になるためにやってるのさ
俺たちは今まで 汗を流し 血を流して
火事があれば鎮めて 川が氾濫すれば防いできた。

オレは何も要らない
扉を開けてくれ 自分の力で手に入れる
誰からも施しは受けない 
扉さえ開けてくれたら 自分で掴んでみせる。

俺達には能力が備わってる 自分の街で発揮していこう
しっかり頭を使って ゼロから興していこう
ただし ビジネスで成功しても同胞のことを忘れちゃダメだぞ
大切な人のこと忘れちゃダメさ。

 手に入れるぞ
 手に入れるぞ
 さあ来い
 
(メイシオパーカー ソロ)

オレは何も要らない
扉を開けてくれ 自分の力で手に入れる
誰からも施しは受けない 
扉さえ開けてくれたら 自分で掴んでみせる。

黒人の意見もいろいろだ
お互い争いはやめようぜ
ただ これから何をやるにしても
コミュニティーのためになることをやらなきゃな。

子供たち 教育を受けろ 落第するな
これから大仕事をやるんだぞ?
率先してできる人間になれよ。

もう一度 言うぜ
子供たち 教育を受けろ 落第するな
これから大仕事をやるんだ
率先してできる人間になれ。

オレは何も要らない
扉を開けてくれ 自分の力で手に入れる
誰からも施しは受けない 
扉さえ開けてくれたら 自分で掴んでみせる。

扉を開けてくれ!
扉を開けてくれ!
扉を開けてくれ!
扉を開けてくれ!


I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself
I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself.

I don't give me integration, give me true communication
I don't give me sorrow, I want equal opportunity to live tomorrow
Give me schools and then give me better books
So I can read about myself and gain my true looks.

I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself.

Some of us try as hard as we can
We don't want no sympathy, we just want to be a man
We've used our sweat and blood
To put out every fire and block every flood.

I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself

We got talents we can use on our side of town
Let's get our heads together and build it up from the ground
When some of us make money we forget about our people.
Forget about honeys, forget about honey.

Give it to me baby
Give it to me baby.

(Maceo Parker sax solo)

I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself
I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself.

I'm not gonna tell you what to do
I'm not gonna raise a fuss
But before you make another move
Let's start by taking care of us
I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself.

Kids, get that education and don't you make no fall
Cause we're gonna get this thing together
And you got to carry the ball
I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself.

Look here, good god, dig it
Kids, get that education and don't you make no fall
Cause we're gonna get this thing together
And you got to carry the ball
I don't want nobody to give me nothing
Open up the door, I'll get it myself.

Open up the door!
Open up the door!
Open up the door!
Open up the door!
SAY IT LOUD - "I'M BLACK AND I'M PROUD"
by James Brown, 1968



(君 カッコいいぜ さあ一緒に!)

みんなで叫ぼう  「僕は 誇りある黒人だ!」
声にだして言おう 「私は 誇りある黒人だ!」

みんなで叫ぼう  「僕は 誇りある黒人だ!」
声にだして言おう 「私は 誇りある黒人だ!」

近頃の黒人は 敵対心ばかりっていう批判もあるが
勇敢だって言う声もある
だがオレに言わせりゃ
当然のものを手に入れるまで この運動は止まらないってことさ

オレたちは蔑まれ罵られてきた
生まれてこのかた 不当な扱いを受けてきた
人の顔には右目と左目がついてるだろ?
ブラザー それと同じくらい当然のことだぜ
分け前にありつくまで 前進するしかないんだ

みんなで叫ぼう  「僕は 誇りある黒人だ!」
声にだして言おう 「私は 誇りある黒人だ!」

身体を張って いろんな仕事に就いてきた
でもその仕事はすべて 白人に仕えてばかりだった
これからの時代は 黒人は黒人社会のために働こう
壁に頭をぶちつけながら 他人様のために働くなんてまっぴらだ

みんなで叫ぼう  「僕は 誇りある黒人だ!」
声にだして言おう 「私は 誇りある黒人だ!」

 君はカッコいいよ
 すごくイカしてるよ
 すごくタフだね
 とてもカッコいいよ

これからの時代は 黒人は黒人社会のために働こう
壁に頭をぶちつけながら 他人様のために働くなんてまっぴらだ
おっと もう一つ言うことを忘れてた
オレたちは人間だってこと 鳥や蜂のように自由な存在なんだ
ひざまずいて生きるくらいなら 立ったまま死ぬほうを選ぶさ

みんなで叫ぼう  「僕は 誇りある黒人だ!」
声にだして言おう 「私は 誇りある黒人だ!」

みんなで叫ぼう  「僕は 誇りある黒人だ!」
声にだして言おう 「私は 誇りある黒人だ!」


With your bad-self
Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"
Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"

Some people say we got a lot of melice
Some say it's a lot of nerve
But I say, we won't quit moving
Until we get what we deserve.

We've been 'buked and we've been scorned
We've been treated bad and talked about as sure as you're born
Just as sure as you take two eyes to make a pair
Brother we can't quit until we get our share.

Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"
Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"

I've worked on jobs with my feet and with my hands
But all the work I did was for the other man
Now we demand a chance to do things for ourselves
We're tired of beating our heads against the wall and working for someone else.

Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"
Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"

Ooo-wee You're killing me
Alright you're out of sight
So tough, you're tough enough
Ooo-wee You're killing me

Now we demand a chance to do things for ourselves
We're tired of beating our heads against the wall and working for someone else.
Look here, one more thing I got to say right here:
Now we're people and we're like the birds and the bees
We rather die on our feet than keep living on our knees. 

Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"
Say it loud, "I'm Black and I'm proud!"

「Revolution Will Not Be Televised」についてギルスコットヘロンのインタビュー。(動画:1分16秒)



インタビュアー:かつて60年代に「革命はテレビ放送されない」と歌っておられましたよね。それでは、現在1990年代、やはり今でも「革命はテレビ放送されない」のでしょうか?


GSH:あのフレーズ〈革命はテレビ放送されない〉で言いたかったことは、つまり、変革が起こるとき、一番最初の段階としては、それは頭の中で起こる、ということなんだ。頭のなかで変革が起こらない限りは、暮らしや人生が変わることはあり得ないだろ。だから、〈革命はテレビ放送されない〉っていうのは・・・その何かが人々を変える。その何かというのは、どうやってもフィルムに撮影することは出来ないものなんだ。それは、普段から目にしているものを前にしながら、ある日、突然に気付くんだよ。〈あっ、オレはいままで違うページを開いてたぞ!〉とね。または〈ページはあってたけど、違う音符を弾いてたぞ!〉とかね。

そして、この国でいま何が起きてるのかということについての正しく理解するためには、全員がシンクロしていかなくちゃいけないって気付くんだよ。

 アメリカにあって、本当の意味で一番しぶといアメリカ人といえるのは、もしかしたら俺たち黒人だけかもしれない。俺たちは必要なプロセスを一つ一つ、辿ってこなくちゃならなかった。他の人達はそういう過程をスッとばしてる。俺たちは、行進をやった。聖書の教えにしたがってきた。旗を掲げてきた。たくさんの裁判もした。アメリカの黒人は「アメリカで生まれた」というだけではアメリカ人として認められなかったわけだ。アメリカで生まれたにも関わらず、当然の権利を持っていなかった。それを勝ち取るために、闘わなくてはいけなかった。段階を一つずつ経て、困難を乗り越えてきたのが俺達なんだ。


歌詞すべての翻訳はこちらです。

「革命はテレビ中継されない」(ギルスコットヘロン、1970年)


当の歌詞と、このインタビューでギルスコットヘロンが言っていることを、この数ヶ月かんがえています。

インタビューの前半(「全員がシンクロしていかなくちゃいけないんだ」まで)について書いてみます。


 ・革命は映像化できない。

 ・革命は伝送できない。

これはつまり、

 ・映像化できるようなものは〈革命的〉ではない。

 ・伝送できるようなものは〈革命的〉ではない。

と言っているようにも聞こえます。


耳が痛い・・・。この時代において、そう感じるのは僕だけではないと思います。

現代のコミュニケーションは、真の、価値の交換を生んでいるでしょうか。

当初は、魔法の杖のような文明の利器と思われたインターネットでしたが、いまや、憎悪や反知性主義の増幅装置として機能しているようにも見えます。

移民・難民への憎悪、他民族・他宗教への憎悪。または、存在さえしないもの(これは、たとえば「反日勢力」神話のことや、陰謀論やトンデモ理論とか)への恐怖・憎悪・信奉。

感性・感情だけが増幅されて、理性や、本当の知識・教養・科学というものは、お手軽な〈情報の束〉または〈欲望増幅装置〉を前にして吹き飛ばされてしまった、と断罪してしまうと大袈裟でしょうか?


革命というのは、価値や認識の転換ということです。

自分の持っている認識がひっくり返る、ということに他なりません。

そのためには、自分が行きたいサイトに行き、見たい映像だけ鑑賞し、読みたいブログだけ読み、GoogleやFacebookやTwitterが選んでくれた、コマーシャリズムのなかで浮遊する情報ばかりに目を通して、ポチッと押したい本だけ買っていては、当然ながら革命は有り得ないのでしょう。


「革命はテレビ放送されない」の意味を考えるにあたって、ギルの言っているポイントは三つかなと思います。


・革命は映像化できない。(映像としては従来の日常と変わらないものである)

・革命は目の前〈ライブ〉で起こる。(いかなる技術をもってしても、遠くへ伝送できない)

・頭の中で変化が起こる。その変化を共有して、正しい現状認識となる。


上記の要件をクリアする〈革命〉とはどのようなものか?

ようやく、僕としては、革命の何たるかが、ぼんやりと理解してきたような気分になっているところです。

どっこい、それは、いま何度も書いているように、ここで「ブログ」なんていう安いメディアでは、たやすく伝送できないことは既述のとおりなんですけど。(また今度書く!)


 以上が、このインタビューの前半についての僕の考えたことです。

 さて、それではギルはこのインタビューの後半(「アメリカにあって、本当の意味でアメリカ人といえるのは・・・」)において、何を言っているでしょうか? ぜひ、よく読み返して(聞き返して)もらえたら嬉しいです。
 革命というのは具体的に表現することはできないわけですが、もし彼が言う革命を簡潔に説明できるととすれば、それは「プロセスを経ること」ということであり、その「プロセス」というのを具体的に表すとすれば、それは一言で表現できます。それは「March」です。


<<前のページへ 1234567891011

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ