音楽と関係ある度:★★★★★の最近のブログ記事

困った時は...

 

音楽と関係ある度:★★★★★

今週末のインビジネスは、Isaac Hayesを偲ぶというテーマで臨むことにする。
Walk On Byに挑戦します!
今週火曜にリズムセクションのリハーサルをやったが、なかなか上手くいったと思っている。
問題はホーンセクションだ。
綿密に練られたアイザックヘイズのバージョン(LP"Hot Buttered Soul"収録)をどう再構成するか。

と、数日前よりアタマを悩ませていたら、ふと、Kool&The GangがWalk On Byを採り上げていたことを思い出した(LP "Live At The Sex Machine")
しかし、手持ちの音源がないので、早速、何人かに電話して音源を聴かせてくれないか、とお願いしたが、持ってなかったり、電話つながらなかったり。

最終的に、夜中を回ってから、B師匠に電話したら、早速おくってくれた。
ありがとうございます。困った時のB師匠。多謝であります。

そういうわけで土曜日・Walk On Byやります。お楽しみに。

images.jpg.200px.png.jpg
Hot Buttered Soul (1970)

ソウル

 

音楽と関係ある度:★★★★★

先週だったか、「STAX-VOLT REVUE (NORWAY, 1967)」DVDをみた。
かの有名な、スタックスレヴューの欧州公演。ソウルファンなら誰でも知ってるあのツアーの映像だ。
部分的には、もちろん映像はなんどとなく観てきたものだが、これは「全部つながっている」のだ!

これは、僕には(そしてたくさんの人にとって)とても重要な意味をもつ。
なぜかというと「レヴュー形式」という、MOTOWN社やジェイムズ=ブラウンなどでお馴染みの、60年代のパッケージショーの全貌が明らかになるわけだ。「レヴュー」というのは、たくさんアーティストがでるコンサートのこという。通常は同じ会社のアーティストをまとめたショーになっているのだ。かなり萌えるポイント。(例:「宝塚レヴュー」)

長い間、僕は疑問に思っていた。これは一体、何分間(何時間)におよぶショーなのか?と。
OTIS REDDING, BOOKER T & THE MGs, THE MAR-KEYs, AUTHER CONLEY, EDDIE FLOYD, SAM&DAVEと宣伝ポスターに名前が載っていて、これをどうやってひとつのショーにまとめあげているのか?という...。

その謎がやっと解けた。

よーするに、アーティストひとりにつき2?3曲しかやらない。
ガクッとした気もするし、「なるほど?!」と思う気持ちもある。

すべて素晴らしかったが、とくにAuther Conleyがよかった("Sweet Soul Music")

というわけで、僕らのライブに、もうすこし「ソウル」の要素をふやしたくなってきた。
次のヨーロッパあたりから取り組むことにする。

夜、リズムセクションのリハーサルでそんなことを話しあった。

リハ

 

音楽と関係ある度:★★★★★

(豪雨)
今日は全体リハーサルおよびホーンセクションリハーサル。

ホーンセクション2

 

音楽と関係ある度:★★★★★

ホーンセクションは、全員が揃えて吹かなければいけない、と誰しも思っているようだが、そんなことはない。
ミュージシャンひとりひとりがカッコよければ、全体がカッコよくなるのだ。
揃いすぎるサウンドは、統制のとれたものとして商品価値は高いのだが、音楽としての価値は低くなる、と僕は思っています。
カッコいい音楽はカッコいい人間が演奏しているからで、「カッコいい人間」は画一性からは生まれない、と。
リズムセクションにも当然あてはまることなのですが。

ALL DAY MUSIC

 

音楽と関係ある度:★★★★★

WARの「ALL DAY MUSIC」をリハーサルでやってレパートリに加えた。
1972年くらいの曲。
僕らのなかでは、あまりないタイプの曲だが、SOUL TRAINで演奏しているのを観て、昔から演りたかったのだ。
結果、なかなか上手くいってきた、と思っています。

WARは不思議なグループですね。サンフランシスコの色合いが濃くでている、ということなのだろう。(Cisco Kidという曲もあるな)
白黒混合という意味では、オリジネーターのSLY & THE FAMILY STONEも同じくサンフランシスコだ。

よく思うこと

 

音楽と関係ある度:★★★★★

僕が本格的なバンドを組んだのは、19歳のときで、そのバンド(モノレールのこと)がいまも続いている。
20代のころは、ライブの前の日は、ぜったいに、散髪して、夜11時くらいには寝ていた。そして悪夢をみる。ライブで、おそろしい失態をおかしてしまう夢。ほんで朝6時くらいに飛び起きる。「夢でよかった?」と思って、もう一度寝る、というのが常だった。
しかし最近は、ライブ前でも夜更かしをしてしまう。こりゃたるんどる証拠や。

ネヴィル兄弟

 

音楽と関係ある度:★★★★★

先日スライの初来日のことを書いたが、
ネヴィル兄弟も来るらしい!

<<前のページへ 4567891011121314

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ