音楽と関係ある度:★★★★★の最近のブログ記事

ピアノ

 
音楽と関係ある度:★★★★★

猛烈にピアノを練習したくなって、昨年、事務所用にヤフオクで電子ピアノを購入。
いつでも、思い立ったときに弾けるように。クラビノーバや。あまりSOULFULな一品ではないな。
やっぱりピアノを弾くとスカッ!とする。同時に、自分の下手くそ加減にうんざりもする。
できなかったことができるようになって嬉しくなったりもする。

やっぱりピアノは楽しい楽器だ。ダイナミクスが高いということと、音がたくさんでる(最大10個)からかなあ。音域が広い、というのも強みのひとつ。

そのかわり、「平均律以外のあいだの音が全くだせない」ということと、「音をだした後は、コントロールできない」という2点の弱点がある。
たしか小泉文夫の本だったかで、「ピアノという楽器の登場で、音楽の歴史は悪い方向に進んだ」なぜならピアノは、誰でも簡単に弾ける究極のお手軽な楽器であり、他の演奏者とのアンサンブルする機会を極端に減らすことに成功した楽器であり、その象徴として、大量生産される楽器である、というような趣旨のことを読んで、手をうった記憶がある。

なるほどピアノはよい楽器ではない。
しかし、残念ながら、これが一番慣れ親しんだ楽器なので、しかたないし、やっぱり好きなので、これを弾き続けるのである。
もちろん、上手でないので、ピアノそのものを否定できる資格はいまのところない。

音楽と関係ある度:★★★★★

NHK-BSで正月に放送された「ソウル・ディープ」(制作BBC、全6回シリーズ)を観た。BS設置してないので、K氏が録画してDVD焼いてくれた。(いつもすみません)
ソウルミュージックの歴史を俯瞰するもの。よくできていた。1回目は、ソウルの誕生について。レイ=チャールズを中心に。やっぱり、レイ=チャールズやんなあ、そうやんなあ、と思った。
僕は、ジェイムズ=ブラウンの音楽に出会う数ヶ月前に、レイ=チャールズに出会った。高校1年生の春。1988年。サントリーのウイスキーのCMで、ゴーゴー・アレンジの「What'd I Say」を歌っていた。(いまから思うと可笑しい。)「なんじゃこりゃ〜」となって、CDを買いに行った。そのとき手に入れたのが、オリジナルのほうの「What'd I Say」(1959年)が収録されたAtlanticのアルバムだった。

いまだに、1〜2ヶ月に一度は通して聴く。これは、Atlantic時代を俯瞰できるもので、Nat King Coleスタイルのジャズから、クインシーがペンを振るうビッグバンド、ブギウギ・ピアノ、そしてリズム&ブルーズ、そしてソウルの黎明期、すべてごちゃまぜに入っている。最高にスイングしてる。つくづく思う。やっぱり、ブラックミュージックはスイングや、これしかないんや、と。

そういうわけで、「What'd I Say」のピアノを、15歳のころから弾こうとしていたのだけど、どうやってるか判らないまま、30歳台も後半に突入した。こないだから、ひまをみつけて練習している。やっとできるようになってきた。20年越しの夢がもうすぐ実現しそうだ。

Whitefield Brothers

 
音楽と関係ある度:★★★★★

いま、The Whitefield Brothers の新譜を聴いた。これはスゴい。久しぶりの大ヒットや!
Budos Bandがでたときも盛り上がったんやけど、こっちのほうがやはり全然スゴイな。どっちがどっちとかでもないけど。

whitefieldbrothers.jpg

ヨーロッパ 31日目。ウィーン(最終日)

 
やっと最終日です。ウィーンにやって参りました。

20091212Vienna.jpg
会場のホームページはこちら:http://ost-klub.at/gallerie.php?lang=1




ヨーロッパ 24日目。再びベルリン

 
ハンブルグからベルリンに戻ってきました。まもなくライブが始まります。
いまはサウンドチェックを終えて、会場から宿にかえってきたところです。

前にも書いたのですが、今日のライブは生中継ストリーミングされます。生中継だけなので、あとでは観れないので、覗いてやってください。
http://www.peoplezapping.com/places/mixeryrawdeluxe/

ドイツ時間の夜25:30くらい、日本時間の日曜の朝8:30くらいになります。

すでにストリーミングは始まっています!
いまは誰も居ないステージ上が映っているだけですが。

ヨーロッパ 22日目。ベルリン

 
12本目ライブ終了。3年目になるクラブ「Tausend」です。ここは世界で最もイケてるクラブバー30店のランキングにはいってるらしい。オープンから出演しています。
去年よりさらにたくさん観にきてくれ、大いに盛り上がりました。あさってもここでもう一度ライブです。

ところで、あさって土曜日のライブはストリーミング放送で、生中継されます!
http://www.peoplezapping.com にて。
日本時間の日曜日の朝8時か9時ごろスタートです。
昨日決定したばかりなので、まだよくわかりませんが、ぜひ観てやってください。

20091204_L1220745.jpg

ヨーロッパ 15日目。マルセイユ

 
音楽と関係ある度:★★★★★

マルセイユにやってきました。この日はケブ・ダージも一緒。
タバコを吸うため、僕が店の外へ出ようとしたら、ケブがついてきた。「俺、店の中で吸おうと思ってたのに、リョーが外に行ったら、俺が罪悪感かんじるやんけ」
ケブ・ダージでもそんなこと考えんねんな。

そういうわけで、ライブ前に、かなりゆっくりケブとタバコを吸ったりして話をすることができた。ライブ後も車の中で色々話しをしてくれた。

ご存知のように、ケブは数年前から1950sにイッテいる。この日は、リズム&ブルーズ、ブルーズ、ソウル(60年代前半のスタッフ)をかけていた。文句なくカッコいい。(サービスでマーヴァの曲などもプレイ。)
ロンドンでやっているレギュラーナイトでは、ロカビリばかりかけているらしい。さすがにこの日は、そういうディープ(?)な白いのんはやらなかったが。
「十代や! ティーンエイジャーが、俺のパーティに来て、ロカビリやリズム&ブルーズ、ロックンロールで汗だくになって踊ってるんや」
僕はすっかり洗脳されてしまっている。これからは50sや!

「60s Funkは、もちろん大好きな音楽だけど、こうして、ロンドンや世界各地で同じ音楽ばっかりプレイし続けてたら....。わかるやろ?」 数年前と同じことを言っていた。

(しかしながら、僕としては今からもう6、7年も前に、50sテイスト、もしくはアーリー60sに一度だけ取り組んでいる。「Double Up Now」という曲。7インチもつくった。これをアンセムにしてくれへんかなあ?)


DSCF0871.JPG

<<前のページへ 4567891011121314

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ