シュリンクフレーションとしての神宮外苑開発

うーん、思えば、90年代の後半って、「どうやって不況を脱するか」という話をみんなが議論していた。
つまり、バブル崩壊のすぐあと。
あのときはまさかバブル崩壊が三十年後までひきずるとは誰も思っていなかった。
景気という意味でもそうだけど、経済構造そのもの、そして日本にすむ全員の精神を荒廃させた。80年代の空虚な繁栄は、プラザ合意によって崩壊が加速させられた。
いまだに癒えていない大きな傷。

そのとき、つまり、90年代後半に、しきりに「住宅、住宅」と言うている人がいた。
「日本は住宅をどんどん建て替えるという特殊な習慣の国だから、住宅分野を掘り起こせば莫大な内需拡大が見込める」と言いたかったようだ。
これではあまりにヒドいと気づいていたためか、もうすこしオブラートにつつんだ言い方もあったと記憶する。
「日本はたったの数十年で住宅を建て替えてしまう特殊な習慣のある国なので、住宅の資産価値を欧米基準より低くみつもっている。したがって実際には、日本国内には膨大な資産が眠っている。これを活用しない手はない」。
いくらストックがあってもフローが発生しなければ経済に影響がないのだから、前者と後者は同じなのだと思う。

僕は当時、ピンと来なかったのだが、それから四半世紀経ったいまとなっては実感としてつかめる。
規制緩和をすることによって、住宅、マンション、ビルの立て替えを促進させ、景気が良くなる、という話。
じっさいには何がおこったか。
たくさんの住宅立て替えや、記録的な高層ビルが建ち並んだ。
しかし景気は大して上向かなかった。
なぜ経済効果がなかったのか、僕にはよく分からない。
国のなかでゼロサムゲームやっても意味がない、ということかな、たぶん。

昨今の奇妙な、狭小住宅ブーム(これは住宅のシュリンクフレーション)、タワマンブーム、高層ビル建設ラッシュは、国策の規制緩和(容積率の緩和)によって起こっている。ということは、ここに恐ろしい魔物が潜んでいる気がする。技術革新ではなく景気回復のために、地震大国たる日本が規制をとっぱらったのだとしたら、それは無茶苦茶にヤバい。

外国に行けば事情はまったく違う。ヨーロッパの都市にいけば、百年前のマンション/アパートがずらりと建ち並ぶ。ナゾの建て増しも勝手にやっているようだが地震が来ないので、倒壊することもない。
上海に演奏しに行ったとき、泊まったホテルの部屋が90階だった。雲に手がとどきそうな、空のうえにいるような部屋。ゴボウみたいなひょろっとした高層ビルなのだが、これでも誇らしげに建っている。

もちろん僕には建築の知識はないけれど、日本には絶対できないことだから真似をしたらアカン、と言いたい。
竹中平蔵は「東京は深センみたいに高層ビルを建てないといけません」と言っていた。
つまり、建築の専門家でない竹中平蔵がビルを建てろと言っているのだから、建築の専門家でない僕がビル建設をやめろと言ってなにが悪い、というのは屁理屈でもなんでもない。

規制緩和と耐震基準みなおしはセットだろう。
10年ほど前、文京区は江戸川橋に、お世話になったリハーサルスタジオがあり、これは80年代につくられた結構有名なスタジオなのだが、バンドの練習で毎週通っていたら、とつぜん営業を停止した。ビルが耐震基準を満たしていないので、取り壊さなければならないのだという。
僕の通った奈良県の高校も、耐震基準を満たしていないとのことで、昨年、べつの場所へ移転した。
よーするに、耐震基準を強化すれば、立て替え促進にもなり、高層ビル規制緩和の言い訳にも使えて、二重の旨味があると。そういうことなんだろう。

すこしだけ話はちがうが、国立競技場をとりこわしたときのスピードはすごかった。新しい国立競技場のデザインで揉めていたが、取り壊すのは誰も止められなかった。一瞬だ。
このたびの神宮外苑だっておなじ。何を思ったか、突然、一気に取り壊す。
取り壊すことが国策なんだ。それが経済に役立つという悪魔の論理がまかりとおっている。
ほんとにオカシイ。
そこに、異常に高いビルがこれから建つのだろう。

無理矢理にアクセルを踏み、同時にブレーキも踏むから大丈夫、みたいな、ナゾの屁理屈。(「神宮外苑をららぽーとにしますが、たくさんの緑をならべますからいい雰囲気ですよ」。)
こわすぎる。
「原発はむちゃくちゃ危険ですが、むちゃくちゃ管理しているのでぜったい安全です」とか、
「自由主義経済で、経済格差は進行するがセーフティーネットを張るから大丈夫です」とか、
「オリンピックをやりますが、福島第一原発は完全に管理できているので大丈夫です」
「オリンピックをやりますが、コロナ対策をしっかりやるので大丈夫です」

とにかく、タワーマンションやら新興高層ビル(六本木ヒルズとかあべのはるかすとか東京スカイツリーとかもふくめて)は、そう遠くない未来に倒壊すると確信している。ただの素人の確信です。そこに住んでる人や、ちかくに暮らしている人は気をつけてください。
縁起でもないことを、専門知識も無く、ただし大真面目に書きました。


2023年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ