「1939年9月1日に」W. H. オーデン

「 1939年9月1日(第二次世界大戦勃発の日)に」W.H. オーデン


五十二丁目の酒場で ひとり
不安に怯えながら
腰かけている
大不況と欺瞞の十年が幕をとじ
わずかな希望もついに琴切れた
怒りはとぐろをまき
恐れは大波となり
世界のそこかしこをのみこんで
人々を翻弄してゆく
えも言われぬ死臭の漂いはじめた
九月の夜

ただしい歴史研究は暴く
マルチン・ルターから現代にいたるまで
連綿とつづくユダヤ迫害によって
近代ドイツは一度ならず狂気へ向かった
リンツで何が起こったか
巨大なイマーゴが
サイコパスの神をつくりあげたのだ
誰しも知っていることだろう
小学生でも知っていることだろう
悪行をなされた者は
悪行をなした者にお返しをする

追放の身となったトゥキュディデスは記した
政治家は熱弁をふるい
民主政を説いたうえで
独裁政治におよぶ
耳をもたない死者の前で
腐敗物のごとき演説をぶつ様も
いちいち彼の書で語られた。
いまや教養や知性は吹き飛ばされ
あの悪政による悲劇に
あの終わりない苦痛に
ふたたび苛まれる

中立国アメリカで空を仰ぐと
ふてぶてしい高層ビルが天を覆い
背丈いっぱい「人類文明の繁栄」を謳う。
人びとの口元から垂れでる言葉は
うぬぼれていて、一人よがりで、言い逃ればかり
至福の夢に陶酔していられた時代
それははやがて終わる
鏡の中からこちらを睨み返すのは
帝国主義の顔
世界を舞台にした悪業

酒場に集う面々は
必死の思いで日常にしがみつく
灯りを消してはならぬ
音楽を止めてはならぬ
一味は砦にむらがり
ここが憩いの家と信じる。
現実から目をそむけようとも
すでに悪霊の森に迷いこんでいる
すでに闇夜におののく子供となる
その子供は決して
おりこうさんでも よい子でもなかった

勇ましい政財界の大物が
ぶっそうな言葉を吐こうにも
われら庶民の粗野な願望には敵うまい。
ニジンスキーが精神を患って書いたという
ディアギレフについての手記は
ひろく人間の心にあてはまる
女であろうとも男であろうとも
手に入らない物ばかりを欲し
あげく過ちを犯す
万人を想う愛にはかまわず
独占できる愛を求める

因習の暗闇をもって
毎日の倫理となす
朝がくれば大勢の通勤客が
誓いの言葉をくりかえす。
「妻のために一所懸命
仕事以外のことも考えず」
気の毒なお父さんたちは
くる日もくる日もお勤めにいそしむ。
この人々をどうやって解放する?
聞く気のない人々にどう語りかける?
声をあげない人々をどう代弁する?

私にあるもの、それは声
声で、縺れた嘘をほどくのだ
色欲に煩まされる平凡な男の
恋沙汰にまつわる嘘や
高層ビル群をなして空を支配する
政府のつく嘘を。
国家など存在しない
ひとは一人では存在できない
市民であろうと官憲であろうと
時がたてば腹がへるのは皆同じ
思いやりが無ければ人は生きられない

夜の下 抵抗する術なく
朦朧たる嘘の世界で
しかし、皮肉にも点々と
正義の人びとが在るところ
光がきらめき
メッセージを交わす。
私もそうありたい
情念とちりのかたまりにすぎない私も
おなじ虚無と絶望に
つつまれながら
希望の炎を灯したい



I sit in one of the dives

On Fifty-second Street

Uncertain and afraid

As the clever hopes expire

Of a low dishonest decade:

Waves of anger and fear

Circulate over the bright

And darkened lands of the earth,

Obsessing our private lives;

The unmentionable odour of death

Offends the September night.

Accurate scholarship can

Unearth the whole offence

From Luther until now

That has driven a culture mad,

Find what occurred at Linz,

What huge imago made

A psychopathic god:

I and the public know
What all schoolchildren learn,

Those to whom evil is done
Do evil in return.

Exiled Thucydides knew

All that a speech can say

About Democracy,

And what dictators do,

The elderly rubbish they talk

To an apathetic grave;

Analysed all in his book,

The enlightenment driven away,

The habit-forming pain,

Mismanagement and grief:

We must suffer them all again.

Into this neutral air

Where blind skyscrapers use

Their full height to proclaim

The strength of Collective Man,

Each language pours its vain

Competitive excuse:

But who can live for long
In an euphoric dream;

Out of the mirror they stare,

Imperialism's face

And the international wrong.

Faces along the bar

Cling to their average day:

The lights must never go out,

The music must always play,

All the conventions conspire

To make this fort assume

The furniture of home;

Lest we should see where we are,

Lost in a haunted wood,

Children afraid of the night

Who have never been happy or good.

The windiest militant trash

Important Persons shout
Is not so crude as our wish:

What mad Nijinsky wrote

About Diaghilev

Is true of the normal heart;

For the error bred in the bone

Of each woman and each man

Craves what it cannot have,

Not universal love

But to be loved alone.

From the conservative dark
Into the ethical life

The dense commuters come,

Repeating their morning vow;

"I will be true to the wife,
I'll concentrate more on my work,"

And helpless governors wake

To resume their compulsory game:

Who can release them now,

Who can reach the deaf,

Who can speak for the dumb?

All I have is a voice

To undo the folded lie,

The romantic lie in the brain

Of the sensual man-in-the-street

And the lie of Authority

Whose buildings grope the sky:

There is no such thing as the State

And no one exists alone;

Hunger allows no choice

To the citizen or the police;

We must love one another or die.

Defenceless under the night

Our world in stupor lies;

Yet, dotted everywhere,

Ironic points of light

Flash out wherever the Just

Exchange their messages:

May I, composed like them
Of Eros and of dust,

Beleaguered by the same
Negation and despair,

Show an affirming flame.



2023年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ