LIVING FOR THE CITY(スティービーワンダー 1973年)

"LIVING FOR THE CITY" by Stevie Wonder, 1973



苦労ばかりのミシシッピー州で 男の子は生まれた 
立派とはいえない小屋 四方をボロ壁に囲まれて
両親は育てた 愛情いっぱいに
強い人間になれと まっとうな人間になれと
 かろうじて ただ、かろうじて
 この町で 暮らしている

父さんは働いた 毎日14時間
それでも1ドルも残らない
母さんは出掛ける 床掃除の仕事へ
それでも1セントも残らない
 かろうじて ただ、かろうじて
 この町で 暮らしている

姉さんは評判の黒人美人で
丈の短いスカート がっちりした脚
学校まで歩くから 毎朝早起きする
着ふるしばかりでも 身なりはいつもキレイ
 かろうじて ただ、かろうじて
 この町で 暮らしている

頭のきれる青年へと育った とび抜けて勘がいい
辛抱づよい人間になった でも後に辛抱もきかなくなる
仕事をさがそうにも 宝くじを当てるようなもの
この町には 黒人を雇うところなんて無い
 かろうじて ただ、かろうじて
 この町で 暮らしている


間奏:
 (駅のバス乗り場にて)
 「このバスはニューヨークシティー行きでございます」
 「おーい、運転手さん、乗るよ! ちょっと待って!」

 (街に到着する)
 「うわあ、すげえ、これがニューヨークか・・・。聞きしにまさる都会だあ・・・」
 「よお兄弟、カッコいい服きてるじゃん、五ドル貸してくれよ」

 (パトカーサイレンの音がきこえる)
 「あっ、お巡りがきた! あばよ、お前も走って逃げろ!」
 「え、なに? どういうこと?」
 「オイ、口をとじろ! 両手をあげろ! 後ろを向け! 」
 「僕が何をしたっていうの? ただ歩いていただけだよ! どういうこと?」

 (法廷。判事の声。)
 「陪審員の評決は有罪。10年。」

 (刑務所。看守の声。)
 「おい、立て、この黒ん坊! 中にはいれ!」
 (牢がしまる音)


ぼうぼうにのびた髪 歩き疲れた砂だらけの足
くる日もくる日も ニューヨークの通りをふらつく
汚れた空気をすいすぎて 体は蝕まれた
投票場に行ってはみたが 光明があるわけでもなし
 かろうじて ただ、かろうじて
 この街で 生きている

僕の心からの嘆き 君にとどくよう祈っている
この歌を聴いて 明るい未来をつくってほしい
この街には人の心なんてない これほどヒドいところがあるだろうか
いま変わらなければ 世界が壊れる日も遠くないだろう
 かろうじて ただ、かろうじて
 あの街で 生きている


A boy is born in hard time Mississippi
Surrounded by four walls that ain't so pretty
His parents give him love and affection
To keep him strong moving in the right direction
Living just enough, just enough for the city

His father works some days for fourteen hours
And you can bet he barely makes a dollar
His mother goes to scrub the floors for many
And you'd best believe she hardly gets a penny
Living just enough, just enough for the city

His sister is black but she is sure enough pretty
Her skirt is short but Lord her legs are sturdy
To walk to school she's got to get up early
Her clothes are old but never are they dirty
Living just enough, just enough for the city

Her brother's smart he's got more sense than many
His patience's long but soon he won't have any
To find a job is like a haystack needle
'Cause where he lives they don't use colored people
Living just enough, just enough for the city

Living just enough for the city
Living just enough for the city

His hair is long, his feet are hard and gritty
He spends his life walking the streets of New York City
He is almost dead from breathing in air pollution
He tried to vote, but to him there's no solution
Living just enough, just enough for the city

I hope you hear inside my voice of sorrow
And that motivates you to make better tomorrow
This place is cruel no where could be much colder
If we don't change the world will soon be over
Living just enough, just enough for the city



2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ