これからどうしたら良いのか。

「安保法制は国民の安全を守るものです」と安倍首相は言う。

これは「中国が尖閣諸島に攻めてきたらアメリカと日本で守る」という意味では無い。
そして「北朝鮮がミサイルを日本にめがけて発射したら、アメリカと日本で撃ち落とす」という意味でもない。

これはどういう意味かというと、
「アメリカにとって日米同盟の重要性は薄まりつつある。一方的に日米同盟を反故にされるXデーは近づいている。しかし、日本が生き残る道は、日米同盟の強化しか無い。したがってアメリカのリクエストにはすべて応えなければならない。そうすることで一日でもXデーを引き延ばすしかない。今回、自国の財政難や、イラクでの重なる失敗で苦しんでいる米政府が、これからは自衛隊を出せと言って来た。要望に応えなければ、国民の安全が脅かされる」という意味。

延命治療しか思いつきません、的な。
桶屋を儲けさせるためには、風をふくしかない、的な。
溺れる者はワラをも掴む、的な。
宝くじは買わなきゃ当たらないが買えば損する、的な。
ジャイアンに見捨てられるのを怖れるスネ夫、的な。

【どうしたら良いのか】
政治家・官僚が、アメリカ追従型の外交政策しか持っていないことが問題。
政府・省庁は、アメリカとわたりあえる交渉力のあるスタッフを雇い入れてください。

・・・とにかく、安保法制を白紙撤回するしかない。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ